フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 「五輪エンブレム」悲しい言い訳 | トップページ | 武藤議員叩きの異常 »

2015年8月28日 (金)

世界陸上と入れ墨

最悪の地に、最高の選手たちが集った世界陸上。

ここでも、サッカーワールドカップなどと同様、
入れ墨が目立つ大会となった。

オリンピックをはじめとして、過去の世界的な大会で
入れ墨などほとんど見たことがなかった。

それが今や、入れ墨をしていない選手の方が
少数派のようにも見える。

世界のアスリートたちは、なぜこんなに入れ墨を
するようになってしまったのだろう?

でも、ジャマイカのウサインボルト、オランダのダフネ・シパーズ、
そして日本選手には入れ墨は見られなかったように思う。

入れ墨は、日本ではヤクザの専売特許だ。

かたぎの人間は入れ墨などしない。

日本のアスリートにだけは、こんな馬鹿げた流行に
影響されないでいてほしいと思う。

一般の人も入れ墨をする前にそのリスクについて
考えた方が良い。

入れ墨をすると、温泉やプール、サウナなどの公共施設に
入れないことがある。

スポーツジムなどの入会を断わられることがある。

結婚や就職で不利益を受けたり、
健康診断でMRI検査を断わられたり、
生命保険に入れなかったりもするらしい。

世界の一流アスリートが入れ墨をしていても、
日本ではまともな人間は入れ墨などしないということです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 「五輪エンブレム」悲しい言い訳 | トップページ | 武藤議員叩きの異常 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界陸上と入れ墨:

« 「五輪エンブレム」悲しい言い訳 | トップページ | 武藤議員叩きの異常 »