フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 「永井一正」が火に油 | トップページ | 「五輪エンブレム」悲しい言い訳 »

2015年8月27日 (木)

日本もテロ頻発の国へ


目黒~恵比寿駅間で線路沿いのケーブルから火が出たため、
山手線・埼京川越線・湘南新宿ラインの運転を見合わせていましたが、
14:20現在、各線ともに運転を再開しています。
なお、各線のダイヤが乱れています。
なお首都圏のJRでは、今月18日に国立~立川駅間の高架下で、
22日に東中野~中野駅間の線路沿いでケーブルが燃え、
中央線(快速)などが運転を見合わせる影響が出ました。
(レスキューナウニュース 8月27日(木)13時5分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150827-00000002-rescuenow-soci

最近、公共交通機関の事故が相次ぎ、
特にお盆明けからは、連日事故が起こっている。

また、川崎市日鉄住金鋼管川崎製造所や相模原の米軍倉庫など、
火災も頻発しており、これらは一部反日勢力の
テロとは考えられないだろうか?

そもそも日本の公共交通機関は事故が少なく、
人身事故やポイント故障などでダイヤが乱れることはあったが
架線事故やケーブル火災など、あまり聞いたことがない。

新幹線での焼身自殺や、線路に車を乗り捨てるといった
明らかに意図的な事件・事故も目立っている。

以前より神社・仏閣への放火事件は頻繁に起こっており、
こうした施設への放火は日本人には考えられない。

民主党政権から現政権に至るまで、留学生や外国人労働者を積極的に
受け入れており、首都圏でも外国語が多く聞かれるようになった。

お隣の中国や韓国は経済が行き詰まり、日本からの支援なしには
やっていけない状況になりつつある。

そんな中韓の事情と日本国内で頻発する事件・事故が
関連しているような気がしてなりません。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 「永井一正」が火に油 | トップページ | 「五輪エンブレム」悲しい言い訳 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本もテロ頻発の国へ:

« 「永井一正」が火に油 | トップページ | 「五輪エンブレム」悲しい言い訳 »