フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 武藤議員叩きの異常 | トップページ | 撮影時のピースサインのなぜ »

2015年8月30日 (日)

五輪エンブレム原案こそがパクリ

8月28日の本ブログで、五輪組織委が佐野研二郎の
コンペに出した原案が、ベルギーのリエージュ劇場のロゴとは似ておらず、
盗作には当たらないとの言い訳をご紹介したが、
この原案こそが正真正銘のパクリであったことが
「正しい歴史認識~」さんのブログに掲載されている。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5940.html

2013年11月1日 から 26日にかけて「ギンザ・グラフィック・ギャラリー」
で開催された【Jan Tschichold ヤン・チヒョルト展】のロゴがそれで、
Tの右下に丸をつけた構図は全く同じ。

Tの書体や、縦棒が黒であることも同じで、
違うのは縦棒と左右の三角が若干離れていること、
右下の丸が若干離れていることくらいだ。

しかも佐野研二郎はこの展覧会を見に行っており、
「いまのgggのヤンチヒョルトもやばい。」という
ツイートを残しているようだ。

それにしても、他にそっくりのデザインがあると知りながら、
佐野研二郎の応募作を圧倒的によかったと評価した
審査委員たちの神経が僕にはわからない。

五輪エンブレムといい、サントリートートバッグといい、
日本では他人のデザインを若干アレンジしていれば
一流デザイナーになれるのだろうか?

今回の五輪エンブレムに関わった似非デザイナーたちを
日本のデザイン業界は追放すべきだし、
そうでなければ、今後行なわれるすべてのデザインコンペが
その信頼性を損なうだろう。

詳しくは下記ブログをぜひご覧ください。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5940.html


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 武藤議員叩きの異常 | トップページ | 撮影時のピースサインのなぜ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪エンブレム原案こそがパクリ:

« 武藤議員叩きの異常 | トップページ | 撮影時のピースサインのなぜ »