フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 汚染水海洋放出を承認 | トップページ | 日本もテロ頻発の国へ »

2015年8月26日 (水)

「永井一正」が火に油

五輪エンブレム審査員代表を務めた「永井一正」が、
一向に収まらない盗作騒動の鎮静化をはかったのだろうか?

「佐野研二郎」の応募作の原案が他の商標と似ている、
つまりパクリであったため、現在の五輪エンブレムはそれを修正したものだ
という訳のわからない裏話を発表している。
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2015082601001197/1.htm

御年86歳で、多少ボケてきているのだろうか?
何のフォローにもなっていない。

それならその原案と、似ている他の商標を見せてもらいたいし、
そもそもなぜ他の商標と似ていて修正しなければならないような
「佐野研二郎」案を選ばなければならなかったのだろう?

もう問題は、ベルギーのリエージュ劇場のロゴと似ている
ということにとどまらず、サントリーのトートバッグに見られる
「佐野研二郎」の盗作癖、さらにはコンペそのものの公平性に
移っているのだ。

最大の問題は、五輪エンブレムのコンペが「佐野・永井」人脈により
仲間内の八百長で決められたのではないかということだ。

〈疑惑1〉
経済産業省商務情報政策局情報経済課課長で
「佐野研二郎」の兄である「佐野究一郎」が、平成23年6月~平成26年6月に
富山県理事・商工労働部次長として、「永井一正」ポスター・ライフ
1957-2014富山県立近代美術館、2014年4月19日(土曜)から
6月1日(日曜)開催に尽力。

〈疑惑2〉
博報堂に勤めていた「佐野研二郎」は、2014年春に母校の多摩美術大学が新設した
統合デザイン学科の教授に着任したのだが、同じく博報堂出身で「永井一正」の
息子である「永井一史」も教授に着任。

〈疑惑3〉
「永井一史」はHAKUHODO DESIGNを設立した人物で、
「佐野研二郎」は、過去にこのHAKUHODO DESIGNに勤務。

〈疑惑4〉
五輪エンブレムの審査委員は「永井一正」、「浅葉克己(「佐野研二郎」
とともに2014毎日デザイン賞調査委員)」、「長嶋りかこ(博報堂社員で
佐野の元部下。2014毎日デザイン賞受賞)」、「高崎卓馬(電通社員で
サントリーのCMプランナー、サントリーオールフリーのプレゼント
トートバッグも担当)」。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5930.html

これは、いくら何でもアウトでしょう。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 汚染水海洋放出を承認 | トップページ | 日本もテロ頻発の国へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「永井一正」が火に油:

« 汚染水海洋放出を承認 | トップページ | 日本もテロ頻発の国へ »