フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 新型コロナ騒動の正しい終わらせ方
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 民主党セクハラ事件 | トップページ | 政権選択の不自由 »

2015年9月19日 (土)

国会は暴力の府


昨日のブログにエントリーした民主党の津田弥太郎参院議員(63)による
自民党の大沼瑞穂参院議員(36)への暴行セクハラ事件は、
産経新聞以外の大手マスコミはどこも取り上げていないようだ。

ただ立っているだけの大沼瑞穂議員を突然羽交い締めし、引き倒した
津田弥太郎議員の行為は、通常の日本人の感覚では説明のつかないものだ。

国会という言論の府で、こうしたセクハラ暴行事件が発生したのに、
ほとんどのマスメディアが取り上げず、民主党から何の反応もないのは
どうしたことだろう?

安保法案の採決においても、民主党議員が議長のマイクを取り上げるなど
暴力的な対応に終始し、民主の福山哲郎、白眞勲、小西博之の行為は
暴力そのものだ。

こうした映像が世界に配信され、「日本も韓国と似たようなものではないか」
と思われるのは誠に心外の極みである。

なぜなら、民主党や社民党の議員は大多数が韓国・朝鮮からの帰化人で、
日本の国会を汚しているのは日本人ではないからである。

これからの選挙では、絶対に、絶対に、絶対に、
民主党・社民党・共産党には投票することがないように
心よりお願いします。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 民主党セクハラ事件 | トップページ | 政権選択の不自由 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国会は暴力の府:

« 民主党セクハラ事件 | トップページ | 政権選択の不自由 »