フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 産経読み、目からうろこが | トップページ | 移民問題の袋小路 »

2015年9月 9日 (水)

犯罪者の精神鑑定について

「声優のアイコ」と名乗る女による連続昏睡(こんすい)強盗事件で、
男性に睡眠薬を飲ませて現金を奪ったとして、昏睡強盗罪などに問われた
神いっき被告(31)の公判が9日、東京地裁であり、石井俊和裁判長は
神被告の精神鑑定を行うことを明らかにした。鑑定期間は12月14日まで。
弁護側は、神被告は多重人格などの解離性障害を発症し、
事件当時の記憶がないと主張、責任能力の有無を争っている。
この日は鑑定人となる精神科医が出廷し、石井裁判長は神被告の精神障害
の有無や程度、犯行への影響などを鑑定するよう求めた。
(時事通信 9月9日(水)12時44分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150909-00000067-jij-soci

日本では犯罪の多くを在日・帰化朝鮮人が
占めているという現実がある。

そうした朝鮮人犯罪でよく問題になるのが
精神疾患による責任能力の有無だ。

結果として犯罪性向の極めて高い朝鮮人の犯罪が、
何ら裁かれることなく、済まされてしまうという状況が
この日本で続いている。

精神科医の診断は、極めていいかげんなものだと思う。
人の心の中を、完全に把握することなど不可能なのだ。

「夜眠れない」とか、「時々死にたくなる」などと言えば、
精神科医は間違いなく鬱病とか、不安神経症と診断するだろう。

だから、睡眠薬や向精神薬が簡単に処方され、
それが犯罪に利用されたりもしているのだ。

3歳の子供の前に拳銃が置かれ、その拳銃で妹を射殺した場合、
3歳の子供の責任を問うことはできないだろう。

しかしながらその場合には、そんなところに拳銃を置いた
親の責任が問われることになる。

精神異常者が犯罪を犯したとすれば、その人間を放置した
保護者というか、管理者の責任が問われなければならない。

犯罪を犯した人間も、その保護者も、誰も責任を問われないと
なれば、日本は犯罪者の天国となる。

昔のぼやき漫才で「人生幸朗」という人がいて、
落ちには必ず「責任者出てこい!」と叫んでいたが、
本当に今の日本の犯罪は責任者不在だ。

少年犯罪も増えているが未成年の犯罪には
その親が責任を負わなければいけない。

誰も責任を負わなくていい社会であれば、
くり返しになるが、日本は犯罪天国に
なってしまうだろう。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 産経読み、目からうろこが | トップページ | 移民問題の袋小路 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪者の精神鑑定について:

« 産経読み、目からうろこが | トップページ | 移民問題の袋小路 »