フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 見渡せば反日だらけ | トップページ | 犯罪者の精神鑑定について »

2015年9月 9日 (水)

産経読み、目からうろこが

今日の産経新聞の「談話室」という投稿欄に、
表題の意見が載っていました。

三重県にお住まいの76歳主婦の方で、
民主・共産寄り反日記事満載の某新聞読者が、
その異常さに気づき、他紙に変える経緯を読んで
まさに僕の場合と同じだと感じました。

こういう方が、一人でも増えてほしいという
思いを込めて、全文掲載させていただきます。

『これまで30年以上購読していた新聞をやめました。
憲法改正や安保関連法案を徹底して批判し、
今にも戦争に巻き込まれかねないと不安をあおる論調に
納得がいかなかったからです。
とはいえ、野良仕事の合間に読む新聞は楽しみ。
かわりに産経新聞を取りはじめました。
すると、それまで読んでいた新聞とあまりに違う論調に、
目からうろこが落ちる思いがしました。
産経新聞は、安保関連法案は戦争を抑止するための法律であり、
「戦争法案」ではないと明言。安倍晋三首相の戦後70年談話
に込められた未来志向の思いも丁寧に説いてくれました。
また、原発再稼働の必要性を訴える立場も明確です。
読者投稿の中にも鋭い指摘が含まれ、
毎日、読むのを楽しみにしています。
長く続いた豊かさと平和におぼれることなく、
国を思い、自分たちの力で国を守る気概を持たなくてはならない。
産経新聞を読み、その思いを新たにしました。』

普通の人が普通に読んで異常に感じる新聞が、
このまま続くとは思えない。

投稿者のような方が圧倒的多数になったとき、
初めて本当の意味で日本は変わり、
「日本を取り戻す」ことができるのだろうと思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 見渡せば反日だらけ | トップページ | 犯罪者の精神鑑定について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産経読み、目からうろこが:

« 見渡せば反日だらけ | トップページ | 犯罪者の精神鑑定について »