フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 民主党「蓮舫大臣」の業績 | トップページ | 神の怒り② »

2015年9月13日 (日)

米小学校、男女別トイレ廃止へ

サンフランシスコのミラロマ小学校は9月の新年度から、
男女別のトイレの完全廃止に着手した。
米紙サンフランシスコ・クロニクル(電子版)が報じた。
在学する性的少数者に配慮するためで、
性的少数者の子を持つ親は歓迎している。
ある母親によると、息子は女の子に見られることを好み、
髪の毛を伸ばし女児用の服を着ている。
ただ、夏のキャンプでは、男女に分かれたトイレを
どちらも使えず困ったという。
ミラロマ小の校長は「児童を無理にどちらか一方の性に
特定する必要はない」と主張。
親からも「要するに家のトイレと同じようになるわけね」と
冷静な反応しかないと説明している。
数年以内にトイレは全て男女共用になる。
(2015年9月13日(日)7時2分配信 時事通信)
http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/jiji-2015091300025/1.htm

数日前、米大学でトランスジェンダーの学生用に、
大学内の個室トイレを男女どちらにも使えるようにする
というニュースがあった。

この場合は、男性用・女性用に分けたトイレは残しながら、
別に共用のトイレを設けるということだったと思うが、
今回の小学校の場合はすべてのトイレが男女共用になる
ということのようだ。

なぜ、ここまでマイノリティに
合わせる必要があるのだろう?

男女のトイレが別々になっているのは
意味のないことではないだろう?

性的少数者が不便だからと、世の中の性差で分けていることを
すべて一緒にしてしまったら、マジョリティが迷惑を被る。

では更衣室はどうするのだ?
公衆浴場も一緒にしてしまうのか?
旅行などでの部屋割りも、男女一緒にするのか?

マイノリティはあくまで例外として、
特別な配慮をしてあげるしか無いのではないか?

マイノリティへの配慮が行き過ぎると、
世の中はおかしなことになる。

渋谷区の同性パートナーシップ条例などのように
日本にも左翼的な変化の兆しが出始めているが、
世の中は正常なマジョリティを基本に構築すべきもので、
マイノリティを排除する必要はないが、
過度に配慮すべきではない、と僕は思います。

「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 民主党「蓮舫大臣」の業績 | トップページ | 神の怒り② »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米小学校、男女別トイレ廃止へ:

« 民主党「蓮舫大臣」の業績 | トップページ | 神の怒り② »