フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 近頃日本に要らないもの | トップページ | 遊び感覚で人を殺す奴ら »

2015年9月17日 (木)

埼玉連続殺人事件の大失態

ニュースを見ただけでは、この事件がどのような
経過をたどったのか時系列がよく分からないのだが、
簡潔にまとめられたサイトがあったので、転載します。

熊谷署、住居侵入で事情聴取

通訳を用意している時に「タバコを吸いたい」と外に出て逃走

一昨日、夫婦を殺害(犯人未確定)

発見して追いかける

老人殺害

警官に追いかけられる

民家に逃げ込む

警官に囲まれて子供を人質に取る

母、娘、娘3人殺害

自ら手首を切り二階から飛び降りて頭蓋骨骨折で意識不明の重体
http://www.akb48matomemory.com/archives/1040268101.html

このまとめサイトが、どこまで事実かは分からないが、
この流れが事実だとすれば埼玉県警は大失態のそしりを免れない。

まずは13日(日)に住居侵入で犯人のペルー人を事情聴取
している際に、逃走を許してしまったという失態。

14日(月)に資産家夫婦が殺害されたとき、
その時点で犯人は分からなかったと思われるが、
周囲に殺人犯への警戒を呼びかけなかった失態。

15日(火)には、13日に起きた住居侵入の件でペルー人の
逮捕状を取っているようだが、その時点ではペルー人が殺人犯で
あることがわかっていたのだろうか?
それでも周囲に犯人への警戒を呼びかけず。

16日(水)には、ペルー人が一連の事件のすぐ近所に住む80代の女性を殺害。

その後、埼玉県警は犯人のペルー人を発見するが
民家に逃げ込み子供を人質に立てこもる。

警察が周りを取り囲んでいる間に、母と2人の娘殺害。

犯人は自ら腕を切り、2階から飛び降り、頭蓋骨を骨折して
意識不明の重体。


2階から飛び降り、頭から落ちたというのだから、
犯人が助かる見込みは少ないのではないか?

それにしても、なぜ埼玉県警は失態を続けたのだろう。
また、何が目的でペルー人は日本人を殺し続けたのだろう。

以前、愛国者のデモで、1人のデモ参加者が
14人ものカウンター勢力にボコボコにされた時、
暴行した14人の内の1人と、なぜか暴行を受けた被害者まで
逮捕したのもこの埼玉県警だったという。

埼玉県警というのは、そもそも日本人を守る気が
ないのではないか?

そう疑われても仕方がないほどの
大失態だったと思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 近頃日本に要らないもの | トップページ | 遊び感覚で人を殺す奴ら »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉連続殺人事件の大失態:

« 近頃日本に要らないもの | トップページ | 遊び感覚で人を殺す奴ら »