フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 自然災害と民主党政権 | トップページ | 神の怒り »

2015年9月11日 (金)

事業仕分けと安保法制


民主党政権の時代に「事業仕分け」というものが行なわれ、
我々国民はそれに喝采を送った。

蓮舫が、スーパーコンピュータの開発競争において
「2番じゃダメなんですか?」と言ったり、
スーパー堤防の事業計画に関して「いつ起こるか分からない
災害にカネをかけているのは変!」と言ったことに対し、
「この女は何と馬鹿なことを言っているのか」と
気づくことができなかった。

今の「安保法制」の議論も同じだ。

「立憲主義」や「憲法違反」といった言葉が、
意味するものは何だろう?

「とにかく憲法を守っていれば良い」
と言うことに過ぎない。

「憲法を守って、国が奪われたらどうするのだ?」
という疑問に対する答えは、どこにもない。

そもそも「自衛隊の存在」や「個別的自衛権」は
普通に憲法を読めば違憲なのだ。

しかしながら、現実的に必要で、すでに存在するものを
違憲な状態に置くことはできないので、
かなり無理な解釈によって合憲にしているだけである。

だから、「安保法制」もそうすれば良いだけの話だ。

北朝鮮に多くの国民を拉致・監禁され、韓国には竹島を奪われ、
ロシアには北方領土を実効支配され、中国は尖閣諸島を、
そして沖縄を自国の領土にしようとしている。

憲法を改正して、自衛隊を普通の軍隊にし、
日本を普通の国にすることが必要なのだが、
憲法改正の発議すら国会議員の2/3の賛成が必要という
ハードルの高さからそれができない。

だから、とりあえず現状必要な最低限の法整備を
整えようというのが「安保法制」なのだ。

「立憲主義」や「憲法違反」という批判に
論理的に答えるのは難しい。

だから、国会論戦を見ていると、
それが野党に有利なように編集されているとはいえ、
野党の言っていることが正しく感じてしまう。

しかしながら、大切なのは憲法を守ることではなく、
安倍総理が何度も言っているように、「日本を守る」ことなのだ。

それが分かれば、中国や韓国・北朝鮮の代理人として
日本の国政に参加している民主党・社民党・共産党などが
言っていることのおかしさが分かるはずだ。

国会前でデモをしているSEALDsの隊員は、
「もし中国や韓国が攻めこんできたら
僕は戦わず日本の領土を 明け渡し服従する」
と言っている。

民主党・社民党・共産党の考えも基本的に同じだ。

そして日本は、チベットやウイグルと
同じ地獄を味わう。

「安保法制」に反対するとは、突き詰めれば
そういうことなのだ。

我々は民主党政権で学んだのではないか?

彼らは「堤防」も「ダム」も要らないと言い、
自衛隊を「暴力装置」と呼び、スパコンの予算を削ることで
計算速度1位の座を中国に明け渡した。

民主党・社民党議員の多くは帰化朝鮮人である。

彼らには、日本を守ろうなどという気は
最初からないのです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 自然災害と民主党政権 | トップページ | 神の怒り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分けと安保法制:

« 自然災害と民主党政権 | トップページ | 神の怒り »