フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 神の怒り② | トップページ | それでも食べてた中国産 »

2015年9月14日 (月)

安保法制反対デモ

安保法制反対の反日左翼の戦略は、
「憲法違反」と「国会前のデモ」だ。

「憲法違反」についてはこのブログで
何度も書かせてもらっている。

ひと言で言えば「憲法がおかしい」わけで、
本来なら憲法を改正すべきだが、改憲の発議には
国会で2/3の賛成が必要とハードルが高すぎるため、
実現が難しく、解釈改憲しかないということだ。

もう一つの問題は、「安保法制反対デモ」である。

昨日の「NHKスペシャル・安保法制討論」で
共産党の志位和夫は、国会前でのデモをはじめ
安保法制反対デモが全国に広がっているのだから、
民意に従えと何度も迫った。

僕は、その時なぜ自民党の高村副総裁や公明党の北川が
事実で応酬しなかったのだろう、とイライラした。

国会前でデモをしているのは共産党の下部組織である
民青の活動家を中心に、共産党の地方議員の子弟、
労組・日教組・中核派の活動家など、組織的に動員された
人間がほとんどだ。

要するに共産党・社民党・民主党が動員をかけた活動家が
デモを行ない、それを民意だと捏造しているに過ぎない。

この事実を主張すれば、テレビの視聴者も
「なんだ、そういうことか」と呆れるだろう。

なぜそれが言えないのか?

結局、マスメディアが反日左翼に支配され、
正しい情報が国民に与えられない状況では、
民主主義は正常に機能しない。

すべてのテレビ局が捏造された反日情報を流せば、
さすがに国民は騙されてしまうかもしれない。

しかしながら、いつまでも騙されていて
いいわけではない。

これ以上騙され続けることは「騙されている日本人が馬鹿だ」
ということになってしまうのだと思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 神の怒り② | トップページ | それでも食べてた中国産 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安保法制反対デモ:

« 神の怒り② | トップページ | それでも食べてた中国産 »