フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 五輪標章、三者三様の責任 | トップページ | 崩れゆく反日メディア »

2015年9月 3日 (木)

嘘に嘘を重ねる五輪エンブレム

今日は早く帰ったので、何気なく
NHKの「クローズアップ現代」を見ていたら
五輪エンブレムの修正過程について
審査委員の「永井一正」が答えていた。

なんと修正過程は組織委員会と「佐野研二郎」の間で
行なわれ、審査委員は知らなかったというのだ。

「そんなことがあり得るだろうか」と
誰もが疑問を持つと思うのだが、
そんなことはあり得ない。

僕には「永井一正」が嘘をついているとしか思えない。

最初の修正で会長の「森喜朗」と事務総長の「武藤敏郎」が
「躍動感がなくなった」として再修正を指示したのだという。

デザインの専門家が審査委員をしているのに、
組織委員会が具体的な指示を出すということなど
考えられない。

八百長コンペなど今回の五輪エンブレムに関しては
審査委員会に最大の疑惑の目が注がれている。

このままでは永井一正をはじめ8人の審査委員は
佐野研二郎同様社会的信用をなくしてしまうので、
組織委員会に泣きついたといったところではないか?

それにしても「森喜朗」と「武藤敏郎」が泥を被ったということは
この二人はやめるつもりだろうか?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 五輪標章、三者三様の責任 | トップページ | 崩れゆく反日メディア »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嘘に嘘を重ねる五輪エンブレム:

« 五輪標章、三者三様の責任 | トップページ | 崩れゆく反日メディア »