フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 失われた食の安全 | トップページ | ユネスコ記憶遺産に「南京」 »

2015年10月12日 (月)

日本で増えているもの

芸能人の結婚・尊属殺人・動物虐待・
電車の人身事故…

これらに関連性があるといえばあるのだが、
その理由については確証があるわけではないので、
詳細については、まあそのうち分かるだろう。

気になるのは動物虐待。

虐待の可能性のある猫の死骸などが、
今年の4月以降、東京都や千葉県で20件超発生。
手口はバラバラで、犯人は複数と見られている。

動物の虐待は、次には弱い人間の子供たちに
向かう可能性がある。

それにしても、子猫の身体をバラバラに切り刻んだり、
頭蓋骨を骨折させるほど激しく叩きつけることができる
神経というのは、どういうものなのだろう。

村上春樹の小説には、猫殺しの男が登場するが、
小動物を傷つけることに喜びを感じる人間というのは
存在するのだろう。

彼の小説には、人間の全身の皮をナイフで
そぎ落とすモンゴル人の話や、
人の頭にビニール袋をかぶせて窒息死させてしまう
というような残虐なシーンが、淡々とした日常と
パラレルに描かれる非日常の物語の中に出てくる。

僕はその残虐シーンに激しい違和感を覚える。

とにかく動物や人を傷つけることを喜びとする人間が
この日本にはいるのだ。

今のところ僕たちは、自分自身で気を付ける以外に
自らを守る方法はない。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 失われた食の安全 | トップページ | ユネスコ記憶遺産に「南京」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本で増えているもの:

« 失われた食の安全 | トップページ | ユネスコ記憶遺産に「南京」 »