フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 日本の深い闇 | トップページ | 6人殺害、精神鑑定 »

2015年10月30日 (金)

どこまで行っても馬鹿は馬鹿


韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は29日、毎日新聞の書面インタビューに応じ、
旧日本軍の従軍慰安婦問題について「年内に問題が妥結し、(元慰安婦の)
おばあさんの傷が癒やされるよう願う」と述べ、今年中の解決を求めた。
朴大統領が解決を求める具体的な時期を示したのは初めて。
朴大統領と安倍晋三首相は11月2日、ソウルで初の首脳会談を行う。
会談を前に朴大統領は初めて、日本メディアの取材に応じた。
(毎日新聞 10月30日(金)6時0分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00000022-mai-kr

この女はいつまでこんな馬鹿げたことを言っているのだろう?

こんな記事を配信する毎日新聞も、さすがは朝鮮人に乗っ取られた
新聞社だけのことはある。

「日韓基本条約を読め。」
日本人の答えは、この一言で十分だ。

おばあさんの傷が癒やされないのは、日本のせいではない。
彼女が朝鮮人だからなのだ。

「朝鮮カルタ(青林堂)」という韓国の諺を集めた本がある。

韓国人というものを知るのに重要な文献だと思うが、
その中に「嘘も上手くつけば稲田千坪にもまさる」
というのがある。

韓国は、これを日本に対し、ずっと続けているに過ぎない。

慰安婦問題然り、日本における宗教問題や
詐欺事件も然りである。

「嘘も上手くつけば稲田千坪にもまさる」
いったいどこまで民度の低い諺だろう?

日本で似た諺として「嘘も方便」というのがあるが、
その意味するところは遺伝子的に異なるものだ。

日本人に生まれたことに感謝したいと
心の底から思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 日本の深い闇 | トップページ | 6人殺害、精神鑑定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どこまで行っても馬鹿は馬鹿:

« 日本の深い闇 | トップページ | 6人殺害、精神鑑定 »