フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 不思議な記事 | トップページ | マイナンバーに反対する奴ら »

2015年10月22日 (木)

よく分からない英国

僕のような無知な人間から見ると、
英国というのは、米国と同じアングロサクソンの国で、
米国といつも共同歩調をとるというイメージがある。

ところがAIIBでは、米国の意向に反して最初に参加を表明したし、
今回も米国で冷遇された中国の習近平を、王室まで利用して
厚遇したといわれている。

しかしながら中国の人権問題に批判的とされるチャールズ皇太子は、
公式晩餐会を欠席したし、エリザベス女王は習近平と握手する時
手袋を外さなかった。

英王室の人々の衣装が赤と白で、
中国と敵対する日本の日の丸を意識したというのは
考えすぎだろうか?

いずれにしても習近平は英王室から平民扱いを受けたわけで、
ここでも赤っ恥をかかされたわけである。

しかしながら英国政府が、中国をどう見ているかについては
よく分からない。

英国は米国にただ付き従うような単純な国ではないが、
今回のAIIB参加等については間違ってしまったのではないか?

中国というのは単なる共産ヤクザの国だし、
チャールズ皇太子の判断は全く正しかったわけだが、
英国政府や英国の経済界は僕らが考えるほど
レベルが高くないのかも知れない。

米国もオバマ政権になって世界中から
舐められるようになってしまったし、
日本もただ米国に付き従うだけでは
やっていけない時代に入ったのかも知れません。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 不思議な記事 | トップページ | マイナンバーに反対する奴ら »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よく分からない英国:

« 不思議な記事 | トップページ | マイナンバーに反対する奴ら »