フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 両手両足を縛られて自殺? | トップページ | 日本の深い闇 »

2015年10月28日 (水)

床に穴開け階下女性宅へ侵入


マンション自室の床に穴を開け、階下の女性の部屋に侵入し暴行したとして、
茨城県警つくば中央署は28日までに、強制わいせつ致傷などの容疑で
同県つくば市の会社員佐藤忠人容疑者(51)を逮捕した。
同署によると、容疑を認め「わいせつ目的だった。のこぎりなどを使って
10日間ぐらいかけて穴を開けた」と供述しているという。
逮捕容疑は27日午前0時半ごろ、つくば市のマンション2階の自室から
真下の部屋に住む女性(39)の部屋に侵入。
帰宅した女性にスタンガンを押し付け、床に倒すなど暴行した疑い。
同署によると、佐藤容疑者は女性が経営する飲食店の客で、
今月中旬にこのマンションに引っ越してきた。
女性の部屋の浴室天井には、佐藤容疑者の部屋の浴室につながる
直径約50センチの穴が開けられていた。
女性が抵抗したため、佐藤容疑者は逃走。近くで県警の捜査員に発見された際、
スタンガンと手錠を所持していたという。
(2015年10月28日(水)13時39分配信 時事通信)
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-2015102800480/1.htm

笑ってはいけませんが、考えさせられる事件です。

女性が経営する飲食店の客が、女性を暴行するため
女性のマンションの上階に引越し、床に穴を開け、
スタンガンと手錠を持って侵入したにもかかわらず、
目的は成就されなかった。

僕が感心してしまうのは、その執念深さというか、
意志の強さというか、行動力のようなものです。

彼はまず、その女性に行為のあるそぶりを見せたり、
告白したりしたのだろうか?

それとも最初から高嶺の花とあきらめ、どす黒い欲望だけを
胸の内に膨らませていったのだろうか?

僕なら、お金をかけて「女性の上階に引っ越す」ことも、
「マンションの床に穴を開ける」ことも、とても思いつかない。

大多数の人は、そんなこと考えもしない。

僕の場合は、そこまで人を好きになったりしないし、
性的な衝動を持つこともない。

スタンガンを持って行ったのに撃退されたということは、
女性は相当な猛者だったのだろうか?

佐藤容疑者は、純粋な日本人なのだろうか?

こうした事件こそ、そのディテールを知りたいのだけれど、
詳細な報道はされるのでしょうか?

スタンガンと手錠を持って女性の部屋に侵入したのだから
犯罪態様はかなり悪質ですけどね。

「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 両手両足を縛られて自殺? | トップページ | 日本の深い闇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 床に穴開け階下女性宅へ侵入:

« 両手両足を縛られて自殺? | トップページ | 日本の深い闇 »