フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 選挙の開票に国籍条項なし | トップページ | 津田弥太郎、ついに告発 »

2015年10月 6日 (火)

米議会TPP合意に不満

環太平洋連携協定(TPP)締結交渉の大筋合意を受け、米議会は5日、
批准の可否を判断するための検証作業を開始した。
議会からは「米国の過度の譲歩」に不満も漏れており、
批准手続きに影響する可能性もある。通商政策を統括する
上院財政委員会のハッチ委員長(共和党)は5日の声明で、TPP合意は
「残念ながら痛ましいほど不十分だ」と表明。同委員会のワイデン筆頭理事
(民主党)も、数週間かけて合意内容を検証すると指摘した。
(時事通信 10月6日(火)10時33分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151006-00000046-jij-n_ame

日本人で今回のTPP大筋合意を喜んでいる人が
どれほどいるのだろう?

テレビのインタビューなどでは、「ものが安くなるのは嬉しい」
という女性などもいたけれど…。

もちろん、TPPは秘密交渉だったのだから、大筋合意したこと以外に
詳細な情報を得ている人は少ない。

しかしながら、TPPが日本の国柄を変えてしまう、その総仕上げ
となる協定であることは以前から言われていたことだ。

農業や畜産業は大打撃を受け、日本人は自らの腹を満たす食料を
他国に大きく依存していくことになるだろう。

混合診療が進み、保険だけでは十分な医療が受けられなくなり
世界に冠たる国民皆保険制度は崩壊に向かうと言われている。

それ以上に、国際協定は国内法に優先するので、
日本国民は多くの主権を失うと言われている。

つまり、日本のことを日本人だけで
決められなくなるということだ。

いまだって米国の影響下にあるといえば
そうともいえるけれど…。

とにかく、このTPP大筋合意を破棄できるのは
米国だけだろう。

ぜひ、議会が大混乱して、TPPの批准を
否決してもらいたいものです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 選挙の開票に国籍条項なし | トップページ | 津田弥太郎、ついに告発 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米議会TPP合意に不満:

« 選挙の開票に国籍条項なし | トップページ | 津田弥太郎、ついに告発 »