フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 何のためのBPO | トップページ | 「爆買い」の謎 »

2015年11月18日 (水)

NHKなんか、いらない

小雨がちらつく11月10日、日本武道館において午後2時から3時間弱に
わたって「今こそ憲法改正を! 1万人大会」が開かれ、
主催者発表で1万1300人が館内を埋め尽くした。
自民党総裁としての安倍晋三首相は衆院予算委員会の閉会中審査で
出席できなくなり、ビデオメッセージによる挨拶となった。
しかし、中山恭子次世代の党党首をはじめ衆参国会議員約30人が参加し、
「美しい日本の憲法をつくる県民の会」の全47都道府県代表と多数の地方議員、
インドとベトナムの来賓および数十名の同国民、そして1万人超の
日本国民が参加した大会である。注目されていい大会に違いない。
しかし、同夜9時のNHK「ニュースウォッチ9」は一言も触れなかった。
NHKがどんな基準でニュースに取り上げているのかは知る由もないが、
9条反対などは積極的に取り上げるところなどから見ても
公平でないことは確かである。
(2015年11月18日(水)7時0分配信 日本ビジネスプレス)
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/nbp-20151118-45288/1.htm

「日本国憲法改正」を求め、1万人が参加して盛大に大会が開かれたというのに、
その夜のNHK「ニュースウォッチ9」では全く取り上げなかったらしい。

安保法制反対デモは、あれほど大々的に放送したにもかかわらず、
安保法制賛成デモには、ほとんど触れなかった。

こんな公共放送が、必要だろうか?

NHKは、ハッキリ言って中国や韓国の
宣伝機関になってしまっている。

そんな仮想敵国の宣伝機関に、日本は国の予算を投入し、
我々は受信料を払わされているのだ。

籾井会長も全く機能していないし、
NHKの内なる改革は、もう不可能と考えていいのではないか?

税金のように徴収されている受信料は、
一刻も早く止めるべきだ。

そして、国営で新たな公共放送を作るべきだと思う。

新たな公共放送が、万一(あくまで万一です)国の宣伝機関の
ようになったとしても、民放各局が反日である以上、
バランスは保たれる。

とにかくNHKから民放各局に至るまで
すべてのテレビ放送が反日左翼であるところが問題なのだ。

我々日本国民には知る権利がある。

その知る権利が、大切な情報源である報道機関によって
侵されていることを、我々はもっと深刻に
捉えなければならないと思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 何のためのBPO | トップページ | 「爆買い」の謎 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKなんか、いらない:

« 何のためのBPO | トップページ | 「爆買い」の謎 »