フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« BPOが自民党を批判 | トップページ | 「差別」に負けない勇気 »

2015年11月 7日 (土)

広がるエフセキュア問題

ネット上では大問題となっているエフセキュア問題だが、
相変わらず大手マスコミではどこも取り上げていない。

セキュリティ会社社員Kが「いいね」を押しただけの人の個人情報を
ネット上に晒し、そのKが日本スマートフォンセキュリティ協会の
リーダーをしていたというのだから、情報セキュリティの根幹を
揺るがす大問題であるはずなのだ。

この男Kは、「反安倍 闇のあざらし隊」を名乗り、「しばき隊」に所属し、
過去には「日本社会主義青年同盟(社青同)」の同盟員だったという。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6015.html

そうした人間が、「エフセキュア」というセキュリティ会社に入り、
そこで新入社員の面接にも関わっていたというのだから、
「エフセキュア」という会社そのものもかなり疑わしい。

Kは会社を退職し、「エフセキュア」はこの問題と
関わりがないことを強調しているが、
「エフセキュア」の主張には何の説得力もない。

Kが仲間を引き入れ、仕事上で得た個人情報を
悪用していた可能性は否定できない。

しかも、日本スマートフォンセキュリティ協会のリーダーだった
ということからも、業界ぐるみの不正すら疑われてくる。

日本スマートフォンセキュリティ協会は警視庁麹町署に
相談しているそうで、Kは逮捕される可能性もあるだろう。

要するに昨日、放送倫理・番組向上機構(BPO)の問題で書いた
NHKや民放が出資した任意団体のBPOが放送倫理の検証を
やっているように、
日本では個人情報を保護する立場にあるセキュリティ企業が
情報を漏洩し、その漏洩した当人が、スマホの安全な利用を促進する
団体のリーダーをしていたということなのだ。

しかしながら、「個人情報保護法」といったおかしな法律がある
現在の日本では、こうした悪意ある人間の入社をチェックすることは
ほぼ不可能に近い。

面接では、個人の技能・能力に関すること以外、
・思想,信条又は宗教に関する事項
・人種,民族,門地,本籍地(所在都道府県に関する情報を除く。),
身体・精神障害,犯罪歴その他社会的差別の原因となる事項
・勤労者の団結権,団体交渉その他団体行動の行為に関する事項
・集団示威行為への参加,請願権の行使その他の政治的権利の行使に関する事項
・保健医療又は性生活に関する事項
などは一切聞いてはいけないことになっているのだ。

常識で考えれば、どう考えてもおかしな法律が、
まるで錦の御旗のように運用されているのである。

たとえば、詐欺罪の犯歴のある人間を、こうしたセキュリティ会社で
雇っていいものだろうか?

子供に対する性犯罪歴のある人間を、保育園や幼稚園で
雇っていいものだろうか?

少し考えれば、「個人情報保護法」という法律が
いかに怪しげな法律であるかがわかる。

このKという人物。

名前も顔もさらされてしまったが、通名を使い、
メガネをコンタクトに変えてしまえば、
別のセキュリティ会社に入社することも可能だろう。

日本という国は、本当に不正を
やり放題の国なのです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« BPOが自民党を批判 | トップページ | 「差別」に負けない勇気 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広がるエフセキュア問題:

« BPOが自民党を批判 | トップページ | 「差別」に負けない勇気 »