フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 広がるエフセキュア問題 | トップページ | 配達されなかった29,000通 »

2015年11月 8日 (日)

「差別」に負けない勇気


これは「差別」されることに負けない「勇気」ではなく、
「差別だ」と言われることに負けない「勇気」です。

「はすみとしこさん」の「そうだ難民しよう!はすみとしこの世界」
に対し、反日左翼から、ネトウヨとか、レイシストとか、
幸福の科学信者とか、根拠の希薄な非難の声が寄せられているようだが、
どんな嘘も「言論の自由・表現の自由」で乗り切ろうとする反日左翼が、
なぜ自分たち以外の「言論の自由・表現の自由」を認めないのだろう?

「はすみとしこの世界」は辛辣な表現でありながら、
一面の真実を鋭く描き出している。

偽装難民や、反日韓国・朝鮮人など、弱者を装いながら、
他国に寄生して豊かな生活を送ろうとする人々は確実にいる。

そうした人々が本当に弱者であるのか?
それとも詐欺師のような存在であるのか?
「はすみとしこの世界」は厳しく問うている。

世界を混沌に落とし込もうとするグローバリズムの波に乗って、
そうした輩が世界中に拡散しつつあるのだ。

日本人は日本人として、そうした偽装難民や反日韓国・朝鮮人から
日本を守らなければならない。

今や日本の大学は、返済不要の日本の奨学金で学ぶ
外国人だらけだという。

そして、日本人はと言えば、高い金利のつく奨学金で
卒業後も苦しめられているらしい。

サラリーマンは、ランチに値上げされた牛丼すら
食べられないのだという?

何とも不可思議な、21世紀の日本であることだろう。

こんなことで、いいのでしょうか?

「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 広がるエフセキュア問題 | トップページ | 配達されなかった29,000通 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「差別」に負けない勇気:

« 広がるエフセキュア問題 | トップページ | 配達されなかった29,000通 »