フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 日本の安全保障 | トップページ | 靖国でテロ事件 »

2015年11月23日 (月)

大阪W選に見る日本の民度

少し前の「大阪都構想」なるものの住民投票で、
今回が最後のチャンスと煽りまくり、
それでも敗れた大阪維新の会が、
今回の大阪W選でも「都構想」なるものを
政策に据えて戦った。

「都構想」が否決されたら政界を引退する
と叫んだ橋下徹は、何らかの方法で
再び政界に戻ってくるだろう。

こうした態度を見ていれば、大阪維新の会が
平気で嘘をつく詐欺師の集団であることが
分かるはずだ。

そんなことすら理解できない大阪府民および市民に
僕は唖然としてしまう。

もちろん自民党の動きもおかしかった。

知名度の十分でない小粒な候補、
大阪で大きな集票力を持つ公明党の離反、
共産党の抱きつき戦略に大阪府連も呼応し、
自共共闘のような誤ったイメージを
有権者に与えてしまったこと。

「それにしても…」である。

「橋下さん、好きやわぁ~」というような
大阪のおばさんたちのノー天気なつぶやきが、
有権者全体に広がっているとしか思えない。

これでは政治の選挙ではなく、
人気投票ではないか?

平成の世における日本人の民度は、
この程度なのだ。

この民度を前提に、政治家は今後の選挙戦を
考えていかなければならない。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 日本の安全保障 | トップページ | 靖国でテロ事件 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪W選に見る日本の民度:

« 日本の安全保障 | トップページ | 靖国でテロ事件 »