フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 色白太目、「差別だ!」 | トップページ | 安倍首相の外相訪韓指示 »

2015年12月24日 (木)

元被害者への30年求刑


8人が死亡、3人が行方不明になった兵庫県尼崎市の連続変死事件で、
角田美代子元被告=自殺、当時(64)=の次男の妻で、殺人罪などに問われた
角田瑠衣被告(30)の裁判員裁判の論告求刑公判が24日、
神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれ、検察側は懲役30年を求刑した。
一連の事件では美代子元被告の親族ら7人が起訴され、一審は瑠衣被告が最後となる。
瑠衣被告は3人に対する殺人を含む計9罪で起訴された。
検察側は「疑似家族の一員として犯行に加わった」と指摘。
弁護側は「美代子元被告が主役で、ほかは元被告に黒子のように
黙々と従っただけ」と主張している。
(2015年12月24日(木)10時49分配信 共同通信)
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/kyodo-2015122401000885/1.htm

角田瑠偉被告は、谷本瑠偉であり、当初は谷本家に入り込んだ角田美代子により
一家離散に追い込まれた完全な被害者であった。

それから角田美代子のマインドコントロールにより
完全に彼女の支配下に置かれ、罪を重ねることになる。

この間、被害者たちは警察に何度も相談していたのだが、
事件が明るみに出るまで警察が動くことはなかった。

このあたりはオウム事件などとも似ており、
警察の体質こそが問われるべき事件だと思われる。

もし早く警察が動いていれば、瑠偉被告が罪を重ねることは
なかったし、彼女の姉や伯父も虐待死することはなかった。

角田美代子は死んで当然の人間だが、死の前に「警察に殺される」
とのメモを残していたという。
http://friday.kodansha.ne.jp/archives/12393/

いまだに謎の多い事件だが、この事件には警察幹部も
一枚かんでいたのではないかと疑われる。

それが明るみに出ることは今後もないのだろうが、
警察の対応により谷本瑠偉という女性の人生が
大きく狂わされたということは間違いない。

彼女は加害者であると同時に被害者であることが、
この裁判ではどういう影響を及ぼすのだろう?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 色白太目、「差別だ!」 | トップページ | 安倍首相の外相訪韓指示 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元被害者への30年求刑:

« 色白太目、「差別だ!」 | トップページ | 安倍首相の外相訪韓指示 »