フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 心からのお詫びと反省 | トップページ | 少女像を撤去できるのか? »

2015年12月29日 (火)

慰安婦問題、保守層の落胆

慰安婦問題の最終合意に対して、
これをどう判断してよいのかわからないところもあったので
様々なブログを覗いてみたのだが、ほとんどの保守系ブログで
落胆と安倍総理批判が繰り広げられていた。

韓国や元慰安婦の言っていることはすべて嘘なので、
その嘘を前提に交渉をすること自体に違和感を持つ
というのはよく分かる。

僕もなぜ日本が事実はこうであるということを
世界に訴えないのか、慰安婦問題の解決にはそれ以外に
無いのではないか、と強く思う。

英霊を汚した、と言うような感情的な意見も目につく。

しかしながら、戦後70年、日本を守るために勇敢に戦った
私たちの英霊は汚され続けてきたのだ。

最も有効だと思われる歴史的事実の公表も、
結局はそれが歴史修正主義のレッテルを貼られることになり、
政治生命を奪われるという形で収束してしまうことは
目に見えているのだろう。

ではどうするか?

そうした苦渋の決断を経て、今回の慰安婦問題最終合意の判断が
なされたのではないだろうか?

今回の合意を評価する数少ない意見の中で、
ベストセラー「余命三年時事日記」の余命ブログが興味深い。
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2015/12/29/399-2015%E5%B9%B412%E6%9C%8828%E6%97%A5%E6%99%82%E4%BA%8B/

彼は、今回の合意は韓国が全面降伏しただけ。
韓国がとても飲めないはずの以下の4条件を
すべて飲んでしまったのだという。

1. 最終決着の確認。
2. 不可逆の確認。
3. 慰安婦像の撤去。
4. 賠償金は不可。

彼は韓国国内の収拾がつくか、これからが大変だと予想するが、
挺対協などが早速猛反発しているようだ。
(彼女たちは日本軍の慰安婦ではなかったようなんですけどね…)

また、台湾や中国が慰安婦問題の最終決着を求めるという
声を挙げているが、この動きも気になりますね?

とにかく、日本の置かれている状況は単純ではない。

この複雑な状況の中で、今回の安倍総理の一手がどのような
意味を持つのか、冷静に見ていきたいと思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 心からのお詫びと反省 | トップページ | 少女像を撤去できるのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦問題、保守層の落胆:

« 心からのお詫びと反省 | トップページ | 少女像を撤去できるのか? »