フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 伊藤忠が中国企業になる日 | トップページ | 北の湖の毀誉褒貶 »

2015年12月 5日 (土)

本体vs詰替、どっちがお得?

最近、ネットの記事で、液体の洗濯洗剤などの価格は
「実は本体の方が詰替より割安なのだ」というのを読んで、
気になったので調べてみました。

スーパーのチラシだと、特売品などがあって
価格にばらつきが出てしまうので、
これが正しいというわけではありませんが、
アマゾンで売られている価格で比較してみました。

まず、僕が愛用している「カウブランドのシャンプー」。
本体550ml 652円(ml単価1.18円)
詰替400ml 402円(ml単価1.01円)
と、わずかに詰替がお買い得(48円)でした。

次にライオンの「トップ ナノックス」。
本体450ml 315円(ml単価0.7円)
詰替360ml 247円(ml単価0.68円)
詰替特大1020ml 819円(ml単価0.8円)
と、詰替の2.8倍量の特大が最も割高という結果になりました。

最後に、これもライオンの「ソフランアロマリッチ ジュリエット」。
本体600ml 409円(ml単価0.68円)
詰替480ml 450円(ml単価0.94円)
詰替特大1125ml 616円(ml単価0.55円)
と、ここでは詰替がムチャクチャ割高で、
2.5倍量の詰替特大が最もお買い得という結果でした。

う~ん、なんかよく分からない結果ですね。

詰替を買う人は、もちろん環境のことも考えているのでしょうが
本体よりも割安だからと思って買っていると思います。

でも、実態を見ると必ずしもそうではありません。

メーカーは、とりあえず本体を買ってもらえば、継続的に詰替が売れる
という計算が働き、本体をより安くする傾向があるようです。

数日前のスーパーのチラシを見ると、
ソフランアロマリッチ ジュリエットの詰替が
450ml 238円 (ml単価0.53円)で出ていました。
(なぜかアマゾンと微妙に容量が違っていますが…)

とにかく詰替は、必ずしも私たちが期待するほど
割安ではないのは確かなようです。

あまり何度も本体ボトルを使っていると、
底に溜まった液が変質する可能性もありますし、
衛生上の観点からも数回使ったら本体ボトルを
買い換えた方が良いのかも知れません。

いずれにしても、スーパーの特売日に
少しまとめ買いするのが最もお得なようですね。

ml単価の確認も、お忘れなく。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 伊藤忠が中国企業になる日 | トップページ | 北の湖の毀誉褒貶 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本体vs詰替、どっちがお得?:

« 伊藤忠が中国企業になる日 | トップページ | 北の湖の毀誉褒貶 »