フォト

おすすめ本

  • マスクを捨てよ、町へ出よう
  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 中韓との通貨スワップ再開? | トップページ | あの「越直美市長」が再選 »

2016年1月17日 (日)

三流国家への道


廃棄を依頼した「冷凍ビーフカツ」が横流しされたり、
「スキーバス転落」の一因が基準額を大きく下回る金額で
受注されていたことだったり…。

橋やトンネル、高速道路などが耐用年数を迎えつつあるのに
政府は一向に公共工事を増やさず、
メンテナンスにすら必要な予算を割こうとしない。

この国は何か大切なものを失ってしまったような気がする。

国民を貧しくするデフレ政策があまりに長くとられたことで、
みんな精神まで貧しくなってしまったのだろうか?

ユニクロで服を買い、百円ショップで日用品をそろえ、
それでも生活苦にあえぐ人が絶えない日本。

安倍政権でようやくデフレ脱却が期待されたのだが、
いまだにインフレ目標は達成されない。

1,000兆円の政府の負債など何ら心配する必要などないのに、
増税と緊縮財政により景気を冷やし、税収を減らし、
さらなる貧困化を促進している。

経済財政諮問会議の民間議員が大好きな規制緩和は、
日本をますます貧しく、危険な国にしていくだろう。

今回の「スキーバスの転落事故」も、元はといえば
規制緩和が原因なのだ。

要するにこういうことだ。

規制緩和で競争が激化し、値段が下がり、
儲かりにくくなる。

若くて元気なドライバーはこんな収入では
やってられないとやめていく。

ドライバーの質が下がると共に、
さらなる競争激化で労働環境が悪くなる。

事故が起こりやすくなって当然だろう。

日本がこんなになってしまったのは、
みんなが喝采を送った改革であり、規制緩和なのだ。

郵政民営化で、一体何が良くなっただろう?

電力自由化も、農協改革も、TPPも、
いいことなどほとんどない。

競争を煽るより、みんなが幸せに暮らせる道を
探すのが、日本らしい生き方なのです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 中韓との通貨スワップ再開? | トップページ | あの「越直美市長」が再選 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三流国家への道:

« 中韓との通貨スワップ再開? | トップページ | あの「越直美市長」が再選 »