フォト

おすすめ本

  • マスクを捨てよ、町へ出よう
  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 南京大虐殺登録の出鱈目 | トップページ | 日韓合意で通貨スワップ再開? »

2016年1月11日 (月)

成人式で騒ぐバカ


水戸市の成人式で10日、議事進行の妨害行為や警備員との小競り合いなどが起き、
茨城県警本部や水戸署の警察官約20人が駆け付ける騒ぎとなった。
式典終了後、騒ぎを起こした新成人らが警備員らに謝罪したこともあり、
県警は立件を見送ったが、成人式は終始、大荒れとなった。
成人式は水戸市五軒町の水戸芸術館の広場で開かれ、約1900人が出席。
新成人を代表して式典の実行委員長でもある
専門学校文化デザイナー学院2年生の古谷(こや)直之さん(20)が
ステージで「誓いの言葉」を述べているその時、事は起きた。
一部の新成人らがマイクを取り上げ、「おめえがあいさつしてんじゃねえ、
このやろー」「なめんじゃねーよ」「みんな、よろしく~」「盛り上がっていこうぜ」
などと拡声器で叫びながら、警備員の阻止を振り切ってステージに上がり、
妨害行為に出た。
警備員らによって下ろされた後、古谷さんは誓いの言葉を続行し、
「僕が話すことが気に入らない方もいると思います。
みなさん、しっかりと成人としての自覚をもち、これから社会人として
はばたいていきましょう」と反撃。すると、ステージの下からは
「てめーが代表じゃねえ、このやろー」などの罵声が飛んだ。
その後も、ステージの脇に設けられた大型スピーカーの設置台によじ登り、
機材を壊し始めるなど、妨害行為はエスカレート。
これらの行為を繰り返した面々は焼酎のボトルを会場で飲み続け、酔っ払っていた。
式典が終わると、妨害行為を繰り返した面々と警察官がにらみ合いを展開し、
緊張が走ったが、警察官の説得で騒動を起こしたメンバーが警備員らに頭を下げ、
事態は収拾した。
(産経新聞 2016.1.10 15:39)
http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/160110/evt16011015390015-n1.html

成人式で騒ぐのはあの民族と相場は決まっている。

誇れる歴史を持てない彼らは、日本の歴史や伝統への破壊衝動があり、
とりわけ成人式はそのターゲットとされてきた。

日本の伝統行事が嫌いなら成人式に出なければいいし、
日本が嫌いなら半島に帰ればいいのだが、
彼らはこの日本に住んで、日本人と日本の伝統を踏みにじりながら、
いずれは日本を支配したいと思っているらしい。

水戸市の成人式にしても、これだけの無茶をやって
誰も逮捕されなかったようだ。

「焼酎のボトルを会場で飲み続けた」成人を、
なぜ警備員らはつまみ出さなかったのだろう?

「大型スピーカーの設置台によじ登り、機材を壊した」
となると明らかな器物損壊事件だ。

「ちょっと羽目を外してしまった」と
許されるレベルを越えているし、
こんなことを許していたら碌な大人にならない。

大人になる厳粛な儀式が、幼稚で愚かなバカどもによって
台無しにされることがないように、
悲しいことだが警備を厳重にすべきではないかと思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 南京大虐殺登録の出鱈目 | トップページ | 日韓合意で通貨スワップ再開? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成人式で騒ぐバカ:

« 南京大虐殺登録の出鱈目 | トップページ | 日韓合意で通貨スワップ再開? »