フォト

おすすめ本

  • マスクを捨てよ、町へ出よう
  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 慰安婦合意での米紙社説 | トップページ | 言葉狩りの滑稽さ »

2016年1月 2日 (土)

変わるもの、変わらないもの

明けましておめでとうございます。

二日ほど田舎に帰っていました。

田舎に帰ると、変わっていくことと
全く変わらないことを感じさせられます。

変わってしまったのは、
私の両親が生まれ育った田舎の話。

子供の頃、お盆やお正月に訪ねた
数十件から成る小さな村落なのですが、
子供達がみんな家を出て、
老人一人で住んでいる家が増えていること。

そして、その老人が病気になったり亡くなって、
空き家になってしまう家が増えていることです。

もともと生鮮食品や日用品を売る店が1つしかなく、
これ以上人口が減ってしまうと、あと数十年後には
村落自体がなくなってしまうかも知れません。

全国規模で言えば、こうした村落は
多いのではないでしょうか?

変わらないのは、マスメディアに対する信頼。

いまだにNHKや朝日新聞を素朴に信じて
いるのには驚かされます。

保守系のブログやツイッターばかり見ている人間にとっては、
NHKや朝日新聞は嘘ばかりなんだよ、と言いたいのだけれど
あまり強く言うと、こちらがおかしいように
思われてしまいます。

田舎は限界集落となり、いずれは消えていき、
日本は日本人の多くが気づかないうちに
他国に侵略されていく悪夢。

今年は衆参同日選とも言われていますが、
社民党・民主党・共産党にとどめを刺さなければ
ならないのに、こんなことで大丈夫なのでしょうか?

親兄弟には新聞やテレビの偏向は伝えましたが、
どれほど理解されたことやら…。

一人でも多くの人に日本の危機を伝えるために、
今年も頑張りましょう。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。


« 慰安婦合意での米紙社説 | トップページ | 言葉狩りの滑稽さ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わるもの、変わらないもの:

« 慰安婦合意での米紙社説 | トップページ | 言葉狩りの滑稽さ »