フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 被爆者手帳求め裁判 | トップページ | ランキングの嘘 »

2016年2月22日 (月)

平気で毒を食らう国

中国の「段ボール肉まん」や、
下水から食用油を精製する「地溝油」のニュースを
耳にされた方は多いでしょう。

また、米国産牛肉に日本やEUで禁止されている
「成長促進ホルモン」が使用されていることを知る人は
どれほどいらっしゃるでしょう?

で、その中国や米国でさえ、
韓国のキムチやマッコリ、海産物等は不衛生で危険だ
ということで輸入を禁止しています。

しかしながら日本では、これらいずれの国からも
食品を輸入し、たいしたチェックもせずに
(もちろん検疫はありますが)、
我々は食べさせられているようです。

もし、ちゃんとチェックしていれば、
大量に輸入している韓国産輸入キムチや海産物から
大腸菌や寄生虫が検出されたというニュースが、
流されない訳がありません。

「反日マスコミが報道しない自由を行使しているんだよ」
と考える人がいるかもしれませんが、今はネットがあるため、
調べることは簡単です。

しかしながら厚生労働省のホームページでは、
平成26年度に輸入届け出件数が約222万件あり、
195,390件の検査をし、877件の法違反があったことは
発表していますが、その具体的な内容については
おざなりにしか公表していません。
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11135000-Shokuhinanzenbu-Kanshianzenka/h26_kannshishidoukextuka_puresu.pdf

「中国産たまねぎの残留農薬」とか、「米国産牛肉のBSE」といった
文言は出てきますが、韓国産食材に関しては全く触れられていません。

韓国産食材については、時々在韓日本大使館より
サンプル検査で大腸菌がかなりの割合で検出された
といった注意喚起が行われていますが、
日本のメディアは全くと言っていいほど取り上げないし、
よほど注意していないとネットでも気づきません。
http://www.j-cast.com/2013/07/31180563.html?p=all

韓国人は、韓国食材に寄生虫等が含まれていることを
熟知しているため、定期的に虫下しを飲んでいる
という記事を読んだことがあります。

要するに表題の「平気で毒を食らう国」というのは
我が日本国のことです。

厚生労働省の不作為によって、我々は毒にまみれた食品を
何の予防や対処もせずに食べさせられ、
日々健康を害しているわけです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 被爆者手帳求め裁判 | トップページ | ランキングの嘘 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平気で毒を食らう国:

« 被爆者手帳求め裁判 | トップページ | ランキングの嘘 »