フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 奨学金に金利を付ける不思議 | トップページ | パチンコは北朝鮮への寄付 »

2016年2月11日 (木)

今井絵理子が沖縄を救う


今夏の参院選に自民党から比例代表で立候補することが決まった
女性4人グループ、SPEEDの今井絵理子(32)が9日、
東京・千代田区の同党本部で会見し、出馬を表明した。
会見は手話を交えて行い、「今回立候補を決意しました。
今井絵理子です」と緊張の面持ち。
聴覚障害を持つ長男の存在が出馬を決意させたことを明かし、
「明るい希望を持てる社会作りをしたいと思いました」
と決意を語った。
(デイリースポーツ 2月9日(火)16時8分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160209-00000073-dal-ent

彼女のこれまでの経歴から、今回の出馬を否定的に
考える人は自民支持層にも多い。

僕も最初に話を聞いた時はそのようにも思ったが、
反日勢力に占領された、いまの沖縄の狂った状況を見ると、
彼女のようなネームバリューのある候補者こそが
必要なのではと思い直した。

どれだけ政治に精通していても、活動実績があっても、
中国が裏で糸を引く現在の反日ムードは変えられない。

こうした時だからこそ、安室奈美恵やMAX、BEGINに並ぶ
沖縄のスーパースターSPEEDのインパクトが必要なのだ。

彼女の声なら、反日勢力に幻惑された沖縄の人々にも
届くかも知れない。

中国と繋がる翁長知事などにつくられた反日・反米の世論を、
大きく転換させることが彼女ならできるのではないか?
僕はそのように思うのです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 奨学金に金利を付ける不思議 | トップページ | パチンコは北朝鮮への寄付 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今井絵理子が沖縄を救う:

« 奨学金に金利を付ける不思議 | トップページ | パチンコは北朝鮮への寄付 »