フォト

おすすめ本

  • 亡国のエコ
  • お金と経済の仕組み
  • 騙されないための中東入門
  • 安倍晋三回顧録

« 横綱の耐えられない軽さ | トップページ | SEALDsと共産党 »

2016年3月28日 (月)

優勝して罵声、涙の白鵬


前代未聞の謝罪Vだ。横綱白鵬(31=宮城野)が、注文相撲で横綱日馬富士(31)
を下し、自身の持つ最多記録を更新する36度目の優勝を果たした。
左への変化であっさり決着をつけたことに、観客からヤジが連発。
白鵬は優勝インタビューで「本当に申し訳ない」と泣いてわびた。
ダメ押し問題など第一人者としての課題が残ったが、
4場所ぶりの優勝で強さも見せつけた。
荒れる春場所が、最後に大荒れになった。祝福の場になるはずだった白鵬の
優勝インタビュー。観客からは拍手とともに、怒りの声が飛び交い、
異様な雰囲気になった。
「勝ったら何でもいいんか!」「そんなに懸賞金が欲しいんか!」…。
容赦ない罵声に、白鵬の目が潤み出す。4場所ぶりの優勝に「8カ月の長い間、
優勝から遠ざかってたんで」と言った後の言葉が続かない。
「すみません」と小声でつぶやく。それでも、ヤジは止まらない。
「金返せ!」「モンゴルへ帰れ!」…。厳しい声を立て続けに浴びた。
(日刊スポーツ 3月28日(月)10時1分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160328-00000040-nksports-fight

優勝して泣いてわびるなど、長く相撲を見ているが
初めてのことだ。

それほど白鵬の相撲は情けない。

苦手な力士には「猫だまし」「肘打ち」「容赦ない張り手」、
普通土俵を割ったら相手をかばうものだが、
白鵬はそこから突き飛ばしたり、相手を投げ飛ばす。
そして、千秋楽の最大の見せ場の一番で、
あっけない変化相撲。

八角理事長は「いなしだよね」と白鵬をかばい、
支度部屋では「稀勢の里も琴奨菊戦で変化した」と
文句を言われる筋合いはないというような
言い訳まで口にしたという。

鶴竜も稀勢の里に対する2度の変化で
横綱になって初めての優勝を手にした。

「勝ったら何でもいいんか!」というファンの罵声が
すべてを物語っている。

こんな相撲を取っていたら、
ファンは確実に離れていくだろう。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 横綱の耐えられない軽さ | トップページ | SEALDsと共産党 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

白鵬はまた同じことをヤル、 
それが白鵬
四股名を「駄目」に改名すればよい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優勝して罵声、涙の白鵬:

« 横綱の耐えられない軽さ | トップページ | SEALDsと共産党 »