フォト

おすすめ本

  • マスクを捨てよ、町へ出よう
  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 増税はしま~す | トップページ | 僕らの知らない税の不公平 »

2016年4月20日 (水)

グローバリズムって何?

グローバリズムというのは、国境を無くして
世界を一つにしようということですね。

最初にグローバリズムが試みられたのは、
共産主義です。

世界同時革命というやつですね。

それは失敗しました。

ソ連を中心とする東欧と中国や北朝鮮など以上には
広がらなかったというのがその理由でしょう。

で、そのグローバリズムを企図しているのは誰かと言えば、
流浪の民であったユダヤ人です。

マルクスもエンゲルスもユダヤ人だし、
レーニンもユダヤ系ですね。

彼らにとってイスラエルなど大きな意味はない。

彼らは長年の迫害の果てに、国家というものに頼らない
独自の理論・知識・世界観を身に着けていきました。

そしてイデオロギーで世界統一を目指したのが共産主義、
それから金融資本の力で世界統一を目指しているのが、
いま世界を席巻しつつあるグローバリズムです。

要するに、いま世界を混乱に陥れ、お金の力で
世界統一の野望を果たそうとしているのは
ユダヤの金融資本ということになります。

で、そのことに世界の人々は
気づきつつあるわけですね。

トランプがどんな馬鹿な発言をしようと支持が衰えないのは、
彼が反グローバリズムだからです。

民主党のサンダースもそうですね。

ヨーロッパは国境が取り払われ、移民の大量流入により
独自の国柄を失いつつあります。

ロシアはソ連という共産主義的グローバリズムの洗礼を
受けながらも、独自の国柄を取り戻しています。

いま、大国で独自の国柄を残しているのは日本とロシア、
グローバリズム化しているのは欧米各国です。

中国は共産党独裁で、もともと国家意識などありませんし、
その中華思想によりユダヤ的グローバリズムとも相容れません。

で、世界はこれからどうなるかですね。

中国共産党の一党独裁体制は、近いうちに崩壊するでしょう。

日本がどうなるかといえば、
いま日本が米国の属国で、メディアや教育、政治や裁判所、
警察など広範な分野を在日朝鮮人などに支配されているのは、
日本人がそれを知らなかったからできたことだと思います。

でも、日本人はそれに気づきつつあります。
これも、このままでは済まないでしょう。

グローバリズムも、そのからくりに世界の人々が
気づいてしまった以上、1%の富裕層と99%の貧困層が
このまま続いていくとは思えません。

いずれ大転換の時を迎えるでしょう。

それがいつ、どのように起こるのか?
もちろんわかりません。

でも、世界が激変する時がすぐそこに迫っている
ということは確かだと思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 増税はしま~す | トップページ | 僕らの知らない税の不公平 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グローバリズムって何?:

« 増税はしま~す | トップページ | 僕らの知らない税の不公平 »