フォト

おすすめ本

  • マスクを捨てよ、町へ出よう
  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 企業叩きは冷静な目で | トップページ | 五輪エンブレムの胡散臭さ »

2016年4月25日 (月)

自民不戦敗の大罪


京都府選挙管理委員会は24日、
衆院京都3区補欠選挙の投票率が30.12%だったと発表した。
戦後の衆院補選で過去最低だった
昭和22年の新潟1区の投票率32.95%を下回った。
(産経ニュース 2016.4.24 22:30)
http://www.sankei.com/politics/news/160424/plt1604240016-n1.html

戦後最低の投票率30.12%。
この意味を自民党関係者は理解しているのだろうか?

自民党は、現職が不祥事で辞職した選挙区に候補者も
立てられないほどの人材不足なのだろうか?

負ける可能性があるところでは戦わない。
戦わなければ負けではない。

そんな馬鹿なことはあり得なくて、
不戦敗でも負けは負け。

この負けの責任は誰かが取らなければならない。

前回の衆院選の投票率が49.22%だったから、
19.1%の人が投票を放棄したことになる。

勝った泉健太の得票率は
有権者数全体のわずか18.9%なのである。

僕にはわざと不戦敗を選んだとしか思えない。

自民の選対関係者の中に左翼のスパイでも
潜り込んでいるのではないか?

北海道の補選でも際どい結果だったようだし、
自民党がこのような体たらくでは
左翼を壊滅に追い込むことなど
とてもできそうにない。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 企業叩きは冷静な目で | トップページ | 五輪エンブレムの胡散臭さ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民不戦敗の大罪:

« 企業叩きは冷静な目で | トップページ | 五輪エンブレムの胡散臭さ »