フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 三菱・東芝が陥った罠 | トップページ | トランプ共和党候補に »

2016年5月 3日 (火)

間違っている日本国憲法

今日は憲法記念日なので、
憲法について書こうと思います。

僕は憲法や法律についてほとんど無知なのですが、
日本国民の大多数は僕のようなレベルだと思われるので、
そうした視点から憲法について考えることにも
意味があるのではないかと思います。

現行憲法が、米国によって作られ、その目的が日本を二度と
米国に逆らうことができない国にすることにあった、
というのはよく知られるところです。

話題を憲法9条に絞ります。

安保法制の議論の時、「集団的自衛権は憲法違反だ」
と左翼や憲法学者は言っておりました。

安保法制は立憲主義に反しており、廃止すべきだ
と、今も左翼は騒いでいます。

「集団的自衛権は憲法違反だ」
と僕も思います。

そうした視点で見ると、
「自衛隊も憲法違反」です。

憲法9条で、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。」と書かれているのだから、
政府見解で自衛隊が「戦力に当たらない」と言われても
誰もそれを信じないでしょう。

つまり、日本はあらゆる戦力を持たず、
交戦権(戦う権利)すらないわけだから
憲法前文の通り、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」
する以外に我が国を守る方法はないわけです。

チベットやウイグルを侵略・弾圧する中国や、
日本の竹島を不法占拠している韓国、
日本の無辜なる民を拉致・監禁している北朝鮮、
そして世界に戦争を拡散している米国が
平和を愛する諸国民なのでしょうか?

日本国憲法の25条には、「すべて国民は、健康で文化的な
最低限度の生活を営む権利を有する。」と書かれています。

もし、外国から侵略される危機に陥った時、
軍事力なしに「健康で文化的な最低限度の生活」が
維持できるでしょうか?

また、国連憲章でも「外国から攻撃を受けた被害国が自ら反撃、
もしくは防衛するための権利」、つまり個別的自衛権が
保障されています。

つまり、軍隊を持たず、交戦権も持たず、戦争を放棄するという
無責任きわまりない憲法は、一国の憲法の精神という観点からも、
国連憲章からも、違反していると言わねばなりません。

つまり、日本国憲法こそが、憲法違反だということです。

大切なことなのでくり返しますが、
1. 日本国憲法が間違った憲法であること。
2. 憲法に政府が縛られるとする立憲主義の考え方は、
  間違った憲法の下では成立しないこと。
3. 日本は早期に憲法を改正し、正しい憲法の下で
  政治を行えるようにするべきこと。

こうした考えが日本中に広がっていくことを
念じて止みません。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。


« 三菱・東芝が陥った罠 | トップページ | トランプ共和党候補に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今晩は。あなたの仰ることに概ね同意します。珍しいことですが!www
ただ日本国憲法全体が間違っているとは思いません。米国が作ったもの
であるのは事実にしろ、日本で“民主化”がいっきに進んだのも事実です。
ただ、九条は最初から誤った条文です。米国も本心で確信はなかったで
しょう。何せ自国の憲法には平和のへの字もないのに、日本に平和で塗
り固めた憲法を作ったんですから。ダメなら日本が自分で直すだろう、位
に踏んだと思われます。ただ朝鮮動乱で米国は警察予備隊(のちに自衛
隊となる、事実上の軍隊)を作らせた時に何故九条の改正をさせなかった
のかは疑問です。やはり日本に対し油断はしたくないという思いがあった
んだろうと思います。結局これが今に尾を引く問題を残したんですね。
しかし、この後の責任はもっぱら日本側にあると言うべきでしょう。まず自
民党は改憲を党是としながら与党の立場を失うことを恐れ本気で改憲に
は取り組まず、安保条約に縋り続けることにした。野党(社会党、共産党)
は護憲・平和を唱えることで“正義の味方”の役割を演じられた。最高裁は
“終戦事情”を慮るふりをして自衛隊の憲法違反を等閑に付した。憲法学
者は“解釈論”という面妖なものを振りかざして憲法を玩具にし自分の飯の
種にし続けた。大多数の国民は明日の生活に汲々で、憲法の問題など考
えるどころではなかった。要するに関係者全員(特に政治家と裁判官)が
“主犯”というわけです。
本来なら憲法改正はこれらの関係者(及びその係累)をすべてクビにして
新しい二一世紀の人間によってなされるべきでしょう。その意味では憲法
改正(書き直し)は二一世紀の前半に達成する位の時間スパンで進めて
いけばいいのでしょう。今度こそは日本人が自分の知恵によって作る憲
法でなければならず、中途半端な付け焼刃であってはならないからです。

コメントありがとうございます。米国がつくった憲法で日本の民主化が一気に進んだとは僕は思いません。戦前の日本が間違っていたというのはGHQの洗脳です。戦前の日本は、世界史的に見ても考えられないほど一般民衆を大切にした国家でした。日本人の民度の高さ、道義心、国家への忠誠心などがそれを示しています。憲法は、可能であれば明治憲法を基本にすべきです。それから朝鮮戦争で米国が警察予備隊を作らせた時に9条の改正をしなかったのは、吉田茂が断わったからだと記憶します。米国が朝鮮戦争で日本兵を中心に戦わせようと考えていたことは明らかで、吉田茂はこれ以上日本の若者を死なせたくなかったのだと思います。

吉田茂が米国の九条改正の要請を断ったなどとはあなたの空想でしょう?kanataさんは吉田茂を美化し過ぎています。米国が本気で憲法改正を要請したら吉田茂が断ることなど到底できなかったでしょう。日本は軍事的にも経済的にも全面的に米国に依存していたのですから(何せ完全降伏ですから)、基本的に米国の言うがままだったはずです。第一、米国は俄作りの日本の警察予備隊が強大な共産国軍に対抗できるなどと考えるわけがありません。最初から日本は米軍の兵站基地の役割を負うだけで、日本軍が出る幕などあったはずもないのです。事実、両軍は38度線で相譲らず、拮抗状態で停戦したのですから。むしろ吉田茂は憲法改正の当時唯一のチャンスをそれと認識しつつ見送ったというべきでしょう。経済的な国力回復が最優先であり、名実ともに軍備体制を整備するのは後回しでいいという判断を下したのです。結果論になりますがこれは吉田茂の“大失着”であったと言わざるを得ません。政治家としての器の限界であったとも言えるでしょう。  それから、大日本帝国憲法を模範にして憲法改正すべしとは何をか言わんや!?‥‥一つだけ言っておけば、あるべき憲法改正へなかなか世論が動き出さない最大の理由がkanataさんのような論陣を張る人の存在なのですよ。そんな類の憲法など荒唐無稽そのものだといくら言っても、憲法改正を頑なに拒む人たちの言い草が判で押したように「戦前へ逆戻り」ということであるのをあなたも知らないはずはないでしょう。あなたの仰るのは“飛んで火に入る夏の虫”以外のものではありません。

「9条改正の要請を断わった」というのは僕の勘違いだったようで訂正します。僕の記憶にあったのは「ねずさんのひとりごと」というブログ内の以下の文章です。『昭和27年のサンフランシスコ講和条約で日本が(すくなくとも表面的には)主権を回復したときというのは、朝鮮戦争の真っ只中にあったわけです。当時の米国は、できれば直接米国兵士が朝鮮戦争に介入するのではなく、日本に再軍備させ、その日本軍を朝鮮戦争に差し向けたいという明確な意図を持っていました。サンフランシスコ条約も、主たる目的はまさにそこにありました。ところが当時の日本は、まだ戦後の焼け野原からの復興もまだ十分でない時代です。人々はバラックに住み、生活も貧しく、まだまだ戦争の傷跡が大きく残っている状態でした。そのような時代にあって、当時の吉田茂内閣は、日本の復興を第一としましたから、戦争の傷跡の残る日本人の若者を、ふたたび戦争に駆立てないために、占領軍が与えた憲法を、金科玉条とし、「あなたがたが日本に与えた憲法に戦争放棄と書いてあるではないか」と、朝鮮戦争出兵をあくまで拒み続けたわけです。』http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2421.html
それから僕が明治憲法を基本にと言ったのは、あくまで理想を述べたものです。今の日本でそんなことが可能とは思えませんし、9条改正からで全く構いません。しかしながら現行憲法は基本的におかしいのです。ここでそのおかしな点を詳らかにすることはできませんが、問題が9条だけではないということは知っていなければなりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間違っている日本国憲法:

« 三菱・東芝が陥った罠 | トップページ | トランプ共和党候補に »