フォト

おすすめ本

  • 亡国のエコ
  • お金と経済の仕組み
  • 騙されないための中東入門
  • 安倍晋三回顧録

« 舛添知事が叩かれ始めた訳 | トップページ | フジに芸能人出演NG »

2016年5月20日 (金)

公正な報道について


『安倍首相は20日朝、沖縄県うるま市の女性会社員が遺体で見つかり、
米軍軍属が死体遺棄容疑で逮捕された事件について「非常に強い憤りを覚える。
さぞ無念だったと思う。ご家族のことを思うと言葉もない」と批判した。
そのうえで、「今後、徹底的な再発防止など厳正な対応を米国側に求めたい」
と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。
政府は26~27日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせて行う予定の
日米首脳会談でも事件について取り上げる方向で検討している。』
(2016年5月20日(金)10時45分配信 読売新聞)
http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/yomiuri-20160520-50049/1.htm

犯人は元海兵隊員だが、現在は米軍にやとわれた
民間人だという。

許されざる犯罪で、犯人には怒り以外の何ものも感じないが、
メディアがこの犯罪を基地の存在と結びつけて報じるのは
フェアではない。

基本的には僕も、日本から米軍基地が
なくなってほしいと思っている。

外国の軍隊が日本に駐留するのは、長い日本の
歴史の中でも戦後70年に限られる。

日本が真の独立国ではないと言われるのも
米軍基地の存在によるものだ。

しかしながら米軍基地は米軍関係者の犯罪によって、
存在させたり無くしたりするものではない。

そもそも報道で知る限り、米軍関係者の犯罪率は
高いようには見えない。

地位協定による占領軍のようなイメージと、
メディアの突出した報道の仕方により、
米軍に対する悪感情が醸成されているように感じる。

日本では最近凶悪犯罪が増加しているが、
その中に米軍に関する事件がどれほど
あっただろう。

それよりも、ある国や民族による犯罪がどれほど多かったか、
それらがどのように報道されたかを考える必要がある。

トランプのような米大統領候補が出てきて、
やがては日本も「自分の国は自分で守る」という
当り前の国になるチャンスが生まれている。

そうした建設的な米軍の撤退というようなものには、
マスメディアは興味がないのだろうが、
大切なのはそうした建設的ステップを踏むことであって、
米軍関係者の犯罪を基地と結び付けて騒ぎ立てる
ことではないと思うのです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 舛添知事が叩かれ始めた訳 | トップページ | フジに芸能人出演NG »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

全面的に賛成です。首相以下こんな声明をしなければならない。メディア対応を哀しく思います。トランプ大統領になれば否応なしに対応しなくてはならないでしょう。そうしたら、独立国になれるかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公正な報道について:

» 反日いつまで許すのか日本人・・・ [母さんによる徒然・・・]
☆日本政府が、日本国民を守り、抑止 力を高め国益を確保するために、日本 の法制度上の欠落部分たる安保法制 をキチンと整備して行こうとするのは極 めて自然であり、それに反対する理由 は見当たらない。。。(# ゚Д゚)。。 http://ameblo.jp/diplo-4491/entry-12071413654.html... [続きを読む]

« 舛添知事が叩かれ始めた訳 | トップページ | フジに芸能人出演NG »