フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« BABYMETAL病 | トップページ | おかしな増税論議 »

2016年5月29日 (日)

オバマの勇気と広島の寛容

オバマ大統領が現職の米大統領として
はじめて広島を訪れた。

オバマは「悲惨な戦争で罪のない人々が殺された。
私たちは歴史を直視する責任を共有している」と語り、
原爆の投下が無辜の民を殺害したことを示唆している。

広島が、来ていただけるだけでありがたい。
謝罪などは必要ない、としたことも極めて日本的であり、
その態度は世界に日本人の精神の寛容さを
知らしめたのではないだろうか?

広島は、この残酷な兵器が二度と罪なき人々に向けられる
ことがないように願っているだけなのだ。

世界にはいつまで経っても謝罪と賠償を求める人々がおり、
その根拠すら捏造だったりするのだが、
人類は寛容の精神で過ちを許し合い、
より良い未来を築いていかなくてはならない。

その思いが世界に発信できたとすれば、
オバマの広島訪問は成功だったと言えるだろう。

もちろんオバマは、米大統領として
自国の核兵器の近代化に向けて多額の予算を
計上することを認めている。

オバマが言うように、彼が生きている間に、
核廃絶が実現することはないだろう。

しかしながら、白人の大統領ではない
オバマだからこそ広島訪問が可能だった
と言うこともまた事実である。

歴史というのは、時の最高権力者の勇気によって、
少しずつ動いていくものだ。

そう言えば、小泉政権時に訪日したブッシュ・ジュニアが
靖国神社を参拝したいと申し出たらしい。

しかし、外務省はそれを断わり、場所を明治神宮に変更して、
小泉純一郎はその参拝への同行をも拒んだという。

ブッシュ大統領と小泉総理が靖国神社を一緒に参拝していれば、
靖国参拝の意味は劇的に変わっていただろう。

反日の人間が総理をしている限り、
歴史が良い方向へ向かうことはあり得ないということを
我々は肝に銘じる必要があります。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« BABYMETAL病 | トップページ | おかしな増税論議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/63702830

この記事へのトラックバック一覧です: オバマの勇気と広島の寛容:

« BABYMETAL病 | トップページ | おかしな増税論議 »