フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 舛添に残された仕事は辞職 | トップページ | フジドラマ最終回3.3% »

2016年6月12日 (日)

AV出演強要で逮捕

『経営していた芸能事務所に所属していた女性を、
実際の性行為を含むアダルトビデオ(AV)の撮影に派遣したとして、
警視庁が11日、労働者派遣法違反容疑で、
大手AVプロダクション「マークスジャパン」(東京都渋谷区)
の40代の元社長ら同社の男3人を逮捕したことが、
捜査関係者への取材で分かった。
女性が「AV出演を強いられた」と警視庁に相談して発覚した。
労働者派遣法は実際の行為を含むAVへの出演を
「公衆道徳上有害な業務」として規制している。
捜査当局が同法を適用して強制捜査に踏み切るのは異例。』
(産経新聞 6月12日(日)7時55分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160612-00000063-san-soci

これは「労働者派遣法違反容疑」という罪名だけれど、
女性が意に反して「AV出演を強いられた」というだけで
犯罪にならないのだろうか?

こうしたケースは激増しているように思われるが
どうも警察の対応が鈍すぎるように感じる。

最近テレビでも、契約書をたてに脅されたり、
AVに出演してしまったために整形をくり返すなど
多数の被害が報告されている。

膨大な量にのぼると思うが、こうしたAVの現状を
チェックする機関というのは存在しないのだろうか?

こうしたビデオが出始めたのは、二十数年前からだと思われるが、
その間、自らの意思に反して脅されたり暴力行為などにより
AVに出演させられた女性はどれほどいるだろう。

そうしたことを考えながらこの記事を読むと、
もう少し何とかならないのかと思えてきます。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 舛添に残された仕事は辞職 | トップページ | フジドラマ最終回3.3% »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/63769664

この記事へのトラックバック一覧です: AV出演強要で逮捕:

« 舛添に残された仕事は辞職 | トップページ | フジドラマ最終回3.3% »