フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« フジドラマ最終回3.3% | トップページ | インチキ格付け会社の戯言2 »

2016年6月13日 (月)

命がけの不信任回避嘆願


東京都の舛添要一知事は13日、都議会総務委員会で行われた
集中審議の終了前に発言を求め、「今後は知事給与を全額カットする」
「不信任決議案が可決されれば、知事選または都議選がリオ五輪に重なるので、
猶予してほしい」との意向を表明した。 
(時事通信2016年6月13日(月) 19時24分掲載)
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6204139

舛添は、恥も外聞もなく、何があっても
知事の座にしがみつきたいようだ。

「給与全額カット、選挙とリオ五輪が重なるので
不信任案だけは出さないで」という必死の嘆願は
何を意味しているのだろう。

そこまでしてでも、彼は知事でいなければ
いけない理由があるわけだ。

舛添は韓国でさまざまな便宜を図る約束を
してきたと言われている。

知事を辞めれば、当然ながらそうした約束を
果たすことはできなくなる。

そこで彼はどういうリスクを背負うのか?

しかも彼には金にまつわる大スキャンダル
も囁かれている。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6254.html

いよいよ舛添劇場は最終幕を迎えようとしているが、
さて、彼はどこまで堕ちていくのだろう?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« フジドラマ最終回3.3% | トップページ | インチキ格付け会社の戯言2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/63774562

この記事へのトラックバック一覧です: 命がけの不信任回避嘆願:

« フジドラマ最終回3.3% | トップページ | インチキ格付け会社の戯言2 »