フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« インチキ格付け会社の戯言2 | トップページ | 中3男子230万円恐喝 »

2016年6月14日 (火)

最悪の知事・最悪の辞め方

舛添が史上最悪の都知事であることに
説明は不要だろう。

「もはやこれまで」と思ったら自ら身を処する。
それが日本人だ。

猪瀬前都知事も、そうした。

しかしながら舛添は、たとえこれから辞職したとしても
遅きに失したという誹りは免れない。

恐らく、今日これからか、明日には
辞職を決断するだろう。

不信任決議案を出され、たとえ議会を解散しても、
選挙後に再び不信任決議案を出されることは不可避で、
どちらにしても舛添に生き残る道はない。

万一、都議会を解散すれば、不要な選挙費用がかかるなど、
舛添は二度と人前に顔を見せることができないところまで
追い込まれるだろう。

思えば朝鮮風のおもてなし制服や、
都有地の韓国学校への貸し出しの話が出た時点で
都民からのリコールの声は高まっていたのだが、
リコールのハードルは高く(有権者の1/3の署名)
現実的には不可能と思われていた。

舛添は調子に乗りすぎたのだが、
調子に乗りすぎてくれたおかげで
彼を辞めさせることができたのである。

もう辞めればいい。

都民も、都議会も、ほぼ全員が
それを望んでいるのだから。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon


« インチキ格付け会社の戯言2 | トップページ | 中3男子230万円恐喝 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/63778749

この記事へのトラックバック一覧です: 最悪の知事・最悪の辞め方:

« インチキ格付け会社の戯言2 | トップページ | 中3男子230万円恐喝 »