フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« これが今の日本人の民度 | トップページ | 都民は詐欺師を選ぶか? »

2016年7月11日 (月)

白痴左翼の選挙制度改悪

10日投開票の参院選は議員定数が人口に比例しておらず、
1票の価値が不平等で違憲として、広島県の弁護士らが11日、
同県選挙区の選挙無効を求める訴訟を広島高裁に起こした。
別の弁護士グループも同日午後、全選挙区の選挙無効を求め、
全国の高裁と高裁支部に提訴する。
最高裁は2014年、最大4.77倍の格差があった13年の参院選を
「違憲状態」と判断。国は15年の公選法改正で選挙区定数を
「10増10減」し、初の合区を導入した。
総務省によると、今回の議員1人当たりの有権者数は、
最多の埼玉が最少の福井の3倍を超えた。
原告は、国会が選挙制度の抜本的な見直しを怠り、
10増10減も場当たり的な弥縫(びほう)策だと主張している。
(時事通信 7月11日(月)9時39分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160711-00000046-jij-soci

左翼は馬鹿だから、いつも平等平等と騒ぐが、
平等っていったい何だ?

「人間が生まれながらに平等」であるわけがない。

美醜もあれば、背の高いのも低いのもいる。
頭のよい人悪い人。金持ちもいれば貧乏人もいる。

全てを平等にしようとすれば、
生まれたらすぐ、顔を全て同じに整形し、
知能も手術で同等にし、家はすべて同じ間取りに改良。
インテリアもすべて同じ。
給与も、食事も、余暇の過ごし方もすべて同じにする。

そんな社会を誰が望んでいるだろうか?

1票の格差というが、今回の合区で1県の格差が
格段に大きくなった。

島根県と鳥取県、徳島県と高知県は合区により、
地元だけの県の代表すら出せなくなったのである。

そもそも島根の代表が1/2人で、
東京の代表が6人、愛知の代表が4人の方が
不平等と見ることだってできる。

都会に住む人は何人もで権利を主張し、
田舎に住む人間は黙っていろとでも言うのか?

少なくとも1県に1人の代表者は必ず必要だと思う。

「今回の議員1人当たりの有権者数は、最多の埼玉が
最少の福井の3倍を超えた」という。

完全平等が不可能だとして、では何倍ならOKなのだ?

県単位の平等で行くなら各県1名。

1票の価値の平等で言うなら、人口の最も少ない県を1名として、
1.5倍以上2.5倍未満で1名ずつ増やしていけば、
議員数は大きく増えるだろうが、1票の価値は1.5倍以内に収まる。

これで国民投票でもやりますか?


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« これが今の日本人の民度 | トップページ | 都民は詐欺師を選ぶか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/63900468

この記事へのトラックバック一覧です: 白痴左翼の選挙制度改悪:

« これが今の日本人の民度 | トップページ | 都民は詐欺師を選ぶか? »