フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 嘘と処女への淫行と痴呆 | トップページ | 精神科医は簡単に騙される »

2016年7月27日 (水)

“都議会のドン”の尻尾

『“都議会のドン”といわれる内田茂自民党東京都連幹事長(77)が役員を務める
会社が、複数の東京オリンピックの施設工事を受注していたことがわかった。
内田氏は、落選中だった2010年から地元・千代田区に本社を置く東光電気工事の
監査役に就任。内田氏の所得等報告書、関連会社等報告書を総合すると
毎年数百万円の役員報酬を受けているとみられる。
東光電気工事は、大手建設会社とジョイントベンチャー(JV)を組み、今年1月、
バレーボール会場の「有明アリーナ」(落札額360億2880万円)、
水泳の「オリンピックアクアティクスセンター」(469億8000万円)の施設工事を
落札。東京オリンピックに向けては3つの恒久施設が新築されるが、
このうち2件を東光電気工事のJVが受注したことになる。
特に、有明アリーナの競争入札では、東光電気工事のJVの入札価格が
ライバルのJVより高く、価格点で下回ったが、施工計画などの技術点で上回り、
落札に成功した。専門紙の建設通信新聞も<逆転落札>(1月18日付)と
報じたほどの逆転劇だった。
東光電気工事は、五輪施設だけではなく、豊洲新市場の関連工事など、
都発注の工事もたびたび受注。売上高は、内田氏が復活当選する2013年までは
700億円前後だったが、2014年には約1000億円へと急成長している。
日本大学の岩井奉信教授はこう指摘する。
「内田氏は都の予算に大きな影響力を持つ人物。条例等で禁止されていない
とはいえ、五輪関連工事を受注するような企業の監査役を務めていること自体、
望ましい話ではありません」』
(週刊文春 7月27日(水)16時1分配信)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160727-00006414-sbunshun-pol

長い引用になってしまったが、コメントは不要だろう。
“都議会のドン”の尻尾が少し見えてきたようだ。

最初に都議会の問題点をリークしたのは、
猪瀬前東京都知事だった。

もう構図は明らかだろう。

都議会を牛耳る内田茂と東京都連会長・石原伸晃、
そして、猪瀬前都知事が全く知らぬ間に東京五輪会長に収まった
森喜朗との関係。

舛添要一や増田寬也を東京都知事候補に選んだ
都議会自民党の腐敗や五輪予算膨張のからくりを、
この際、徹底的に暴き出してもらいたい。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon


« 嘘と処女への淫行と痴呆 | トップページ | 精神科医は簡単に騙される »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/63975537

この記事へのトラックバック一覧です: “都議会のドン”の尻尾:

« 嘘と処女への淫行と痴呆 | トップページ | 精神科医は簡単に騙される »