フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 生前退位の情報源は侍従長? | トップページ | 哀れを誘う都知事選 »

2016年7月18日 (月)

「白鵬」張り手にいって転ぶ


「肘打ち」と「張り手」という暴力的な技を得意とする
「白鵬」に、ついに天罰が下った。

相手の「勢」は張られると思って目を閉じていたところに
張ろうとして踏み込んだら足の親指が返って、
自分からすっころんだのだ。

何ともみっともなく、恥ずかしく、
横綱とは思えない負け方である。

その次の「日馬富士」も、今場所まぶたを切って
まぶたを縫っている「嘉風」に対して「張り手」と
「肘打ち」をくり返し、最後は足がそろって
はたき込まれた。

「肘打ち」を反則にしないから
モンゴル力士の間で流行りつつある。

そのうち大けがしますよ、ホント。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 生前退位の情報源は侍従長? | トップページ | 哀れを誘う都知事選 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

勢 怖がってる感じでしたね。
立ち会いの肘打ちは相撲と言うよりプロレスに見えますね

コメントありがとうございます。モンゴル人の増加により、相撲は何をしても勝てばよいという風に変質したと思います。苦手な相手には、張り手やかち上げという名の肘打ちで、相撲を取らせない。これでは面白くないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/63932910

この記事へのトラックバック一覧です: 「白鵬」張り手にいって転ぶ:

« 生前退位の情報源は侍従長? | トップページ | 哀れを誘う都知事選 »