フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 都議会自民党の幼稚 | トップページ | 内田茂の影響力は残るのか? »

2016年8月 4日 (木)

お花畑、いつまで?


北朝鮮のミサイルが3日、秋田県男鹿半島の西250キロの日本海に
落下した事態に、秋田県では船舶や漁業関係者らが対応に追われるとともに、
暴挙に憤りの声が上がった。
秋田県では平成21年に長距離弾道ミサイルが上空を通過している。
佐竹敬久知事は産経新聞の取材に対し「秋田沖にミサイルを撃ったことに
怒りを覚える。戦前なら応戦する事態だ」と反発した。
さらに「排他的経済水域(EEZ)を狙って撃ったのではなく、
陸地を狙って届かなかった可能性もある。不測の事態が起きかねない
緊迫した状況だった。政府はきちんと対処してほしい」と求めた。
(産経新聞 8月3日(水)19時7分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000572-san-soci

北朝鮮がミサイルを発射し、秋田県の玄関先ともいえる
排他的経済水域(EEZ)に着弾したにもかかわらず
大した騒ぎにもならない日本というのはどうした国だろう?

秋田県知事が言うように、
「陸地を狙って届かなかった可能性もある」し、
排他的経済水域を狙ったにしても、
陸地まで届いてしまう可能性もあった。

そこに漁船などの船舶が航行していたら、
死者が出ていた可能性もあったのである。

このままいくと秋田県に着弾し、日本人が数人死んだとしても、
「許すべからざる暴挙だ」と言って、抗議するにとどまるのでは
ないだろうか?

前例がある。

この日本から北朝鮮に数百人単位で拉致されていることが確実なのに、
日本は「返してくれ」とお願いしているだけなのだ。

それ以上に怒りや憤りは盛り上がらないのである。

秋田県知事が言う通り、
「戦前なら応戦する事態」なのだ。

多数の死者が出てからでは遅いのである。

日本に向けてミサイルを発射したなら、
次には攻撃するという明確な意思を
示せる国になるべきだ。

拉致被害者に関しても、北朝鮮との国交を断絶し、
それでも返さないなら軍事的圧力を強めるという
当り前のことができる国になるべきだ。

もう数十年で、拉致被害者もその家族も死んでしまう。

いま日本は、日本国民は、その日まで放っておこうと
しているだけなのである。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 都議会自民党の幼稚 | トップページ | 内田茂の影響力は残るのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64011514

この記事へのトラックバック一覧です: お花畑、いつまで?:

« 都議会自民党の幼稚 | トップページ | 内田茂の影響力は残るのか? »