フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 魂のバトンパス | トップページ | 日本人としての誇り »

2016年8月20日 (土)

五輪女性インタビュアーの巧み


オリンピックの前半をテレビで見ていて、
競技終了後のインタビューがとても心地よく耳に響いた。

女性のインタビュアーが適度に興奮した声で、
選手が今話したいこと、視聴者が聞きたいことを
とても巧みに引き出していたと感じたのである。

それがいつの間にか何か通り一遍で、
少ししつこく感じる男性のインタビュアーに
変わっていた。

あの女性のインタビューが聞きたいのに、と思ったのだが、
その女性はスタジオでの司会進行に移っていた。
(最初から出ていたのかも知れないが…)

女性の名前は澤田彩香という
NHKのアナウンサーだった。

インタビューというのは、事前に聞く内容を
ある程度決めているだろう。

それを順番に聞いていくだけなら
誰でもできる。

大切なのは相手の反応を見つつ、
相手に失礼にならない程度に、どこまで突っ込めるか
ということだと思う。

民放のアイドルやお笑い芸人が出てくると、
どうしてもバラエティのノリになり、
しつこくてKYな質問が多くなる。

澤田彩香アナは、相手の気持ちにより添いながら、
とても心地よくアスリートの言葉を引き出していた。

今日の男子400メートルリレー決勝では、
最初に男性によるインタビューがあり、
その後、澤田彩香アナのインタビューがあった。

なぜ、二度のインタビューになったのだろう?

4人のメダリストは二度も同じことを聞かれ、
せっかくの澤田アナのインタビューも
少し盛り上がりに欠けたように感じた。

でも最後に、登場シーンで見せたサムライポーズを
お願いしたのはさすがだと思った。

実況や解説も、今回のオリンピックは
とても良いと思う。

安室奈美恵の「Hero」も
良いですね。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 魂のバトンパス | トップページ | 日本人としての誇り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64086785

この記事へのトラックバック一覧です: 五輪女性インタビュアーの巧み:

« 魂のバトンパス | トップページ | 日本人としての誇り »