フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 悪辣極まる少年犯罪 | トップページ | 日韓通貨スワップ再開か? »

2016年8月30日 (火)

共謀罪がないことが不安


政府は、過去3回国会に提出され廃案となっている「共謀罪」について、
構成要件を一部変更した組織犯罪処罰法の改正案をまとめた。
罪名を「テロ等組織犯罪準備罪」に変更し、
4年後に迫った2020年東京五輪に向けたテロ対策の要の法案となる。
9月に召集される臨時国会への提出を検討している。
「共謀罪」は、テロ組織や暴力団、マフィアなどによる組織犯罪の未然防止が
目的で、犯罪の実行行為がなくても謀議に加わることで処罰を可能にする。
(産経新聞 8月27日(土)7時55分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160827-00000063-san-pol

共謀罪に反対する人は、昔、マイナンバー制度や、
防犯カメラを広く設置することに対して、
プライバシーが侵害されると反対していた人に似ている。

マイナンバーで行政に個人情報が一括して把握されても、
防犯カメラがどんなに多くなろうと、
犯罪行為を働かなければ何の問題もない。

共謀罪も、テロ行為などを共同して企てない限り
まったく何の心配もない。

居酒屋で人の悪口を言ったくらいで
捕まるなどと言うことはあり得ないし、
あなたがテロ組織に所属していない限り、
「あの野郎、殺してえなぁ~」とジョークを飛ばして、
逮捕されることは絶対にないのだ。

結局、反対している人や政党は、
犯罪者のお仲間ということになる。

この法律がない方が、よっぽど恐ろしい。

例えば、あなたを殺そうとしているテロ集団がいて、
その計画が明確になったとしても、
実際にあなたが被害に遭わない限り、
そのテロ集団が捕まることはないのだ。

日本には明日にでも反日的暴力行為を行なおうとする
集団がいっぱい存在する。

共謀罪は、今や待ったなしの法律なのです。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 悪辣極まる少年犯罪 | トップページ | 日韓通貨スワップ再開か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64132772

この記事へのトラックバック一覧です: 共謀罪がないことが不安:

« 悪辣極まる少年犯罪 | トップページ | 日韓通貨スワップ再開か? »