フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 「差別」と「平等」は悪魔の言葉 | トップページ | 柔道の真髄を見せた大野将平 »

2016年8月 8日 (月)

天皇陛下のお言葉


天皇陛下のお言葉をマスコミが伝えることは、
日本のマスコミとしての責務であり、
これまで常に伝えてこなかったことこそが
責められるだろう。

しかしながら、マスコミは陛下のお言葉を伝えれば良いわけで、
それをあれこれと論評すべきではないと思う。

特に陛下が使われてもいない「生前退位」という言葉ばかりを強調し、
世論を誘導しようとする企みには不穏なものを感じる。

安倍総理が重く受け止めると応じられたのだから、
事態の推移を見守っていればいいのではないか。

「大御心のままに」と思うし、そう思いたい。

しかしながら、陛下の侍従長が情報を漏らし、
NHKがスクープし、ふだん陛下の動向をほとんど伝えない
マスコミが報道合戦を繰り広げるのを見ると、
何かその裏で良からぬ事態が進行しているのではないか
と心配になる。

陛下が話されたことに、疑問の余地はない。

しかしながら、このような形で天皇陛下が譲位されるとすれば、
それは本当に日本国にとって望ましいことなのだろうか?

マスコミの異様なはしゃぎ様を見ていると、
何か釈然としないものを感じてしまいます。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 「差別」と「平等」は悪魔の言葉 | トップページ | 柔道の真髄を見せた大野将平 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そうですね。マスコミの取り上げかたは、首をひねるばかりです。
特に、現行憲法とからめて位置づけしたり解釈するのは、勇み足だと思います。もちろん、一部マスコミは護憲の立場から、それが狙っているだと感じます。

>しかしながら、マスコミは陛下のお言葉を伝えれば良いわけで、
それをあれこれと論評すべきではないと思う。


同感です。
「論評」の形をとりながら、自説の主張、世論の誘導の企図も見られます。
なかには、これを機に政府非難を繰り返す者もいますね。
天皇陛下を敬うような振りをしながら、実は反天皇の立場の主張が見え隠れしているものも・・・。

マスメディアには二重三重のフィルタリングが必要ですね。


ハンドルネーム、変えさせてもらいました。


コメントありがとうございます。
国民は天皇陛下のお言葉を重く受け止め、その意図するところを理解するよう努めねばなりません。メディアの雑音は、それを矮小化し、捻じ曲げ、あらぬ方向に誘導しようとしています。最もやってはならぬことを、メディアはやっているのだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64031603

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下のお言葉:

« 「差別」と「平等」は悪魔の言葉 | トップページ | 柔道の真髄を見せた大野将平 »