フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« ベルニャエフの高潔さについて | トップページ | 世界王者と互角に戦った水谷隼 »

2016年8月11日 (木)

日本のスポーツ選手は大丈夫か

いやなブログを見た。
http://d.hatena.ne.jp/NOFNOF/20160511/1462919378

このブログに書かれているのは
バドミントンの桃田・田児の違法カジノ問題。

これが他国の工作により嵌められたものでは
なかったか、というような記事だ。

五輪を前にした時期に世界ランク2位の桃田が
突然スキャンダルに巻き込まれ、選手生命を失った。

これにより日本男子のバドミントンはボロボロになった。
喜んでいるのは誰か、という話。

そう言われてみれば、女子平泳ぎの渡部香生子の
突然の不調も気にかかる。

彼女は2015年の世界選手権で
200平で金メダル、200個人メドレーで銀メダルを
獲っているのである。

絶好調だった世界選手権から、彼女の身に何があったのか?

不調のまま迎えたリオ五輪8月7日の女子100平予選で
なぜか彼女は一度失格になっている。

その後、日本水泳連盟の抗議で失格は取り消されたが、
準決勝は1:07.43の7位で決勝には進めず。

得意の200平でも、準決勝で2:25.10の8位と惨敗した。
その一方で金藤理絵が準決勝全体2位と絶好調だ。

渡部香生子はどうしてしまったのだろう?

そういえば男子競泳のエース萩野公介が、
2015年の世界選手権を前に
自転車で転倒して骨折するという事故もあった。

また、2014年9月韓国の仁川アジア大会では、
冨田尚弥にカメラの盗難容疑をかけられるという
不思議な事件もあった。

その他の競技では、以前女子柔道で五輪の有力選手が、
コーチから人間扱いされないような酷い暴言を受け続けた
という事件もあった。

五輪や世界選手権でメダルを期待される競技の有力選手が
さまざまなトラブルに巻き込まれる。

これらのトラブルが、日本を敵視する外国からの
工作ではないかと言うことなのだ。

それに呼応する在日勢力は、
日本には多数存在する。

そう言われてみれば…と思いませんか?

浅田真央のケースもあるし、
日本選手はちゃんと守られているのだろうか
と心配になってしまいます。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« ベルニャエフの高潔さについて | トップページ | 世界王者と互角に戦った水谷隼 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64045287

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のスポーツ選手は大丈夫か:

« ベルニャエフの高潔さについて | トップページ | 世界王者と互角に戦った水谷隼 »