フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 共謀罪がないことが不安 | トップページ | 都議会自民党の腐臭 »

2016年8月31日 (水)

日韓通貨スワップ再開か?


日本と韓国の財務当局は27日、通貨下落などの緊急時にドルなどを融通し合う
「通貨スワップ協定」の再締結に向け議論を始めることで合意した。
日韓関係の悪化を受け、協定は2015年2月に打ち切りになっていた。
協定が復活すれば、両国の関係改善を表すことになる。
(朝日新聞デジタル 8月27日(土)18時32分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160827-00000053-asahi-pol

もちろんはっきりとしたことは分かりません。

しかしながら、この問題が昨年の日韓合意の延長線上に
あることは明らかだと思います。

韓国は、挺対協など北朝鮮系の組織に大きな影響を
受けています。

金大中や盧武鉉など北朝鮮の傀儡政権に
韓国が乗っ取られたこともありました。

そうした韓国が、中国に傾倒していくのに業を煮やし、
米国が何とか日米の側に韓国をとどめようとしたのが
昨年の日韓合意だったのでしょう。

韓国は、米国と中国の間で揺れ動いています。

そして、今年の8月にはS&Pが韓国の格付けを過去最高のAAに
引き上げるという、米国のサインとも思える動きもありました。

韓国が米国に付くのか、それとも中国に付くのか?

その答えが日韓通貨スワップ再開のゆくえを
左右するのだろうと想像します。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 共謀罪がないことが不安 | トップページ | 都議会自民党の腐臭 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64137480

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓通貨スワップ再開か?:

« 共謀罪がないことが不安 | トップページ | 都議会自民党の腐臭 »