フォト

おすすめ本

  • ジオ・ヒストリア
  • バトルマンガで歴史が超わかる本
  • 民族と文明で読み解く大アジア史

« 韓国の格付けを引き上げる意図 | トップページ | ベルニャエフの高潔さについて »

2016年8月10日 (水)

寒気がするような強さ


五輪卓球の準決勝で福原愛を圧倒した
李暁霞の強さである。

ここ数年で日本と中国との実力差は
急速に縮まっていると思っていた。

とりわけ今大会の福原愛は絶好調。

あわよくば決勝へ進むのではないかと
思っていたのだが、
全く試合にならなかった。

11-4
11-3
11-1
11-1

と、完敗の内容。

福原は絶好調だったが、
李暁霞はそれ以上に調子が良かった。

神がかってさえいたように思う。

パワー・テクニック共に上回る中国選手が
ほとんどミスをしないのだから、
この結果も仕方のないところか。

3位決定戦は、石川佳純を破った
キム・ソンイだろう。

銅メダルを手にした愛ちゃんの
笑顔が見たいのだけれど…。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。

« 韓国の格付けを引き上げる意図 | トップページ | ベルニャエフの高潔さについて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒気がするような強さ:

« 韓国の格付けを引き上げる意図 | トップページ | ベルニャエフの高潔さについて »