フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 嘘をついてもいい国 | トップページ | 日本人の意識はいつ変わる? »

2016年9月17日 (土)

高畑裕太氏に関するエントリー削除について


本日、「叩くべき人間と同情すべき人間」「高畑レイプ事件の深層」
「高畑レイプ犯釈放不起訴」の高畑裕太氏に関する3本のエントリーを
削除いたしました。

それは、弁護士が語ったとされる以下の理由によります。

『今回、高畑裕太が不起訴・釈放になりました。
これには、被害女性との示談が成立した事実があります。
しかし、ゴウカン致傷は被害女性が告訴がなくても起訴できる重大犯罪であり、
「悪質性が低い」「犯罪の成立が疑わしい」との事情がない限り、
起訴は免れません。
お金(示談金)を払えば許してもらえるという簡単なものではありません。』
http://dokujyoch.net/archives/65719678.html

当初、僕は高畑裕太被告が逮捕され自供したこと、
母親の高畑淳子が謝罪したこと、
などの報道により、高畑裕太被告の犯行が疑いのないものと
確信してしまいました。

そして、彼が不起訴になった時、
「示談が成立したら不起訴になるの?」との疑問を抱きながら、
それ以上確認することをしませんでした。

今日、何となく気になって、高畑裕太氏の事件について調べていたら
彼の弁護士が語ったとされる上記の記事を目にしました。

それならば、なぜ高畑側が示談にしたのか、との疑問は残りますが、
マスコミによるバッシングの凄まじさの前には、
膝を屈するしかなかったのかも知れません。

スタップ細胞事件の小保方さんのケース同様、
メディアが一斉に叩く場合は疑うべきと日頃発言をしていながら、
今回はテレビで見た彼の印象の悪さ、共演女優達からの悪い噂などにより
彼の犯行を信じてしまいました。

弁護士の言葉通り、彼は不起訴で釈放されたのだから、
悪質な犯行ではなかったと考えられます。

よって、彼の犯行を悪質と決めつけるような記述をした
「叩くべき人間と同情すべき人間」「高畑レイプ事件の深層」
「高畑レイプ犯釈放不起訴」の3本のエントリーを
削除させていただきました。

« 嘘をついてもいい国 | トップページ | 日本人の意識はいつ変わる? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64217370

この記事へのトラックバック一覧です: 高畑裕太氏に関するエントリー削除について:

« 嘘をついてもいい国 | トップページ | 日本人の意識はいつ変わる? »