フォト

おすすめ本

  • 小池劇場が日本を滅ぼす
  • ねずさんと語る古事記

« 私は中国人、この国を潰したい | トップページ | マイノリティのための国 »

2016年9月 8日 (木)

菅官房長官、蓮舫国籍はく奪


菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、民進党の蓮舫代表代行をめぐり
浮上している日本と台湾のいわゆる「二重国籍」疑惑について、
「詳細は承知していないので、政府としてコメントは控えたい」とした上で、
「ご自身が説明すべき問題だ」と述べた。
さらに、「一般論として申し上げれば、外国の国籍と日本の国籍を有する人は、
22歳に達するまでにどちらかの国籍を選択する必要があり、
選択しない場合は日本の国籍を失うことがあることは承知している」
とも語った。
(産経ニュース 2016.9.7 12:59)
http://www.sankei.com/politics/news/160907/plt1609070017-n1.html

これは面白い展開になってきましたね。

菅官房長官までが、一般論と断りながらも
「蓮舫の日本国籍喪失の可能性」
に言及してしまいました。

もう、嘘や誤魔化しでは乗り切れないことが、
はっきりしたということです。

蓮舫は生まれた時は中華民国籍で、
17歳で日本国籍を取得し、現在48歳だから
なんと31年間も二重国籍。

つまり嘘をつき続けてきたわけです。

民進党には、こんな二重国籍者が
何人もいるという噂があります。

この際徹底的に調べ上げて、民進党議員の日本国籍をはく奪し、
国会をキレイに、日本をキレイに大掃除できれば、
こんなに素晴らしいことはないと思います。


「お前の言うことはもっともだ」と思われた方は、
緑色の人気ブログランキングを押してやってください。soon

« 私は中国人、この国を潰したい | トップページ | マイノリティのための国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592248/64175181

この記事へのトラックバック一覧です: 菅官房長官、蓮舫国籍はく奪:

« 私は中国人、この国を潰したい | トップページ | マイノリティのための国 »